ENUMIXBRLUriStrategy

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  サーバー API: HTTP、COM/.NET、Java > サーバー API レファレンス > 列挙 >

ENUMIXBRLUriStrategy

インライン XBRL 内の URI が生成された XBRL ドキュメントにどのように書き込まれるかを指定する列挙リテラルを含みます。

 

eStrategyNone: URI verbatim をターゲットドキュメントにコピーします。
eStrategyMakeAbsolute: 入力ドキュメント内の対応する要素でインスコープのベース URI に対して解決することにより相対的な URI を絶対的 URI にします。
eStrategyMakeRelative: 可能な場合、絶対、および、相対 URI を出力ドキュメントに対して相対的にします (それ以外の場合、解決された絶対 URI を書き込みます)。
eStrategyKeepRelative: 可能な場合、相対的な URI のみを出力ドキュメントに対して相対的にします(そして絶対的 URI をコピーします)。

 

COM and .NET

 

eStrategyNone

= 0

eStrategyMakeAbsolute

= 1

eStrategyMakeRelative

= 2

eStrategyKeepRelative

= 3

 

使用例

 

インターフェイス

プロパティ

IXBRL

IXBRLUriStrategy

 

Java

public enum ENUMIXBRLUriStrategy {

      eStrategyNone

      eStrategyMakeAbsolute

      eStrategyMakeRelative

      eStrategyKeepRelative }

 

使用例

 

クラス

メソッド

XBRL

setIXBRLUriTransformationStrategy

 


(C) 2019 Altova GmbH