TaxonomyPackagesConfigFile

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  サーバー API: HTTP、COM/.NET、Java > サーバー API レファレンス > インターフェイス/クラス > XBRL > プロパティ >

TaxonomyPackagesConfigFile

XBRL タクソノミパッケージをロードする TaxonomyPackagesConfig.json ファイルへのパスを指定します。ファイルの利点はタクソノミパッケージのカタログとしての役割を果たします。JSON ファイルの構造は、下のサンプルに示されている通りです。 uri キーの値は、パッケージのロケーションを提供します。 active キー (パッケージのセット) はこれらのパッケージの使用をオンに切り替えます。

 

{"taxonomies":

  {"EIOPA Solvency II XBRL Taxonomy 2.1.0":

    {"packages":[

      {"uri":"C:\\test\\XBRL\\EIOPA_SolvencyII_XBRL_Taxonomy_2.1.0.zip"},

      {"uri":"C:\\test\\XBRL\\AdditionalTestPkg.zip"}

      ],"active":true

    },"Test Taxonomy":

      {"packages":[{"uri":"C:\\test\\XBRL\\test.zip"}],"active":true

      }

  }

}

 

COM and .NET

 

署名: TaxonomyPackagesConfigFile(string filepath)

 

Java

 

署名: public void setTaxonomyPackagesConfigFile(string filepath)

 


(C) 2019 Altova GmbH