ライセンス

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  エンジン API: Python と .NET >

ライセンス

API パッケージをクライアントマシン上で実行するには、 RaptorXML+XBRL Server クライアントとしてマシンにライセンスが供与されている必要があります。 ライセンスの供与は以下の2つのステップから構成されています:

 

1.RaptorXML+XBRL Server クライアントとしてマシンを Altova LicenseServer に登録します。
2.LicenseServer からマシンに RaptorXML+XBRL Server ライセンスを割り当てます。

 

与えられたマシンから API パッケージを使用を計画する場合、以下の2つのシチュエーションが発生する可能性があります:

 

クライアント マシンが既に、ライセンスされている RaptorXML+XBRL Server のインストールを作動している場合、 API パッケージは、追加のステップを行う必要がなく、作動することができます。 これは、マシンが RaptorXML+XBRL Server を作動するためにライセンスを与えられているからです。 この結果、このマシン上の API パッケージの使用は、そのマシン上の RaptorXML+XBRL Server に割り当てられているライセンスによりカバーされています。
RaptorXML+XBRL Server がクライアントマシンにインストールされていない場合、そのマシンに RaptorXML+XBRL Server をインストールする必要があります。この場合、マシンを RaptorXML+XBRL Server クライアント として登録し、 RaptorXML+XBRL Server ライセンスを与えます。 方法は以下で説明されるとおりです。

 

(RaptorXML+XBRL Server がインストールされていない)マシンを RaptorXML+XBRL Server クライアントとして登録するには、アプリケーションの bin フォルダー内にあるコマンドライン アプリケーション registerlicense.exe を使用します:

 

Windows

Program Files\Altova\RaptorXMLXBRLServer2019\bin

Linux

/opt/Altova/RaptorXMLXBRLServer2019/bin

Mac

/usr/local/Altova/RaptorXMLXBRLServer2019/bin

 

 

コマンドラインでコマンドを実行します:

 

registerlicense <LicenseServer>

 

<LicenseServer> が LicenseServer マシンの IP アドレス、または、ホスト名である箇所で、

 

このコマンドは、マシンを RaptorXML+XBRL Server クライアントとして Altova LicenseServer に登録します。 RaptorXML+XBRL Server ライセンスをマシンに割り当てる方法、 およびライセンスの供与に関する情報については、次を参照してください: Altova LicenseServer ドキュメンテーション。

 

Linux にデプロイ

Python ホイールパッケージを使用して、 registerlicense アプリケーションにデプロイする場合、下にリストされる共有されたライブラリは、兄弟 lib ディレクトリ内に存在する必要があります。共有されているライブラリは Raptor インストールフォルダーからコピーされることができます:

 

/opt/Altova/RaptorXMLServerRaptorXMLXBRLServer2019/lib

 

libcrypto.so.1.0.0
libssl.so.1.0.0
libstdc++.so.6
libtbb.so.2

 


(C) 2019 Altova GmbH