エンジン API: Python と .NET

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム > 

エンジン API: Python と .NET

RaptorXML+XBRL Server には2つのエンジン API が存在します:

 

Python エンジン API: raptorxml<versiondetails>.whl である Python ホイールファイル (.whl)
.NET エンジン API: raptorxmlxbrlapi.dll である .NET DLL ファイル (.dll)

 

2つのエンジン API はそれぞれ RaptorXML+XBRL Server を含み、マシンにインストールされている RaptorXML+XBRL Server とは区別されています (下の図を参照してください)。各パッケージは、 Python モジュールとしてインポートされる、または、カスタム .NET アプリケーションに統合される前にユーザーのマシンにインストールされている必要があります。全ての処理はユーザーのマシン上で処理されるため、Python と .NET エンジン API は有効な XML と XBRL インスタンス、 XSD スキーマと XBRL タクソノミのデータモデルのアクセス情報を提供します。 API は数行のコードで、 XBRL インスタンスのコンテンツを反復、または、タクソノミからの特定の情報を抽出するためのメソッドの豊富なセットを公開します。

RaptorInterfaces02

エンジン API に関する以下の点に注意してください :

 

RaptorXML+XBRL Server のインストール後、両方のエンジン API は RaptorXML+XBRL Server インストールフォルダーの bin フォルダー内でロケートすることができます。
エンジン API は、API 内の多種のオブジェクトを使用して更に高度な処理を提供します。
エンジン API を使用するには、RaptorXML+XBRL Server  のライセンス供与済みのバージョンが、 Python プログラム、または、 .NET アプリケーションが実行されるマシン上にインストールされている必要があります (下の使用法を参照してください)。

 

使用法

Python プログラム、または、 .NET アプリケーションを次のように作成することができます:

 

Python プログラム

Python プログラムは Python API オブジェクト を使用して RaptorXML 機能 にアクセスすることができます( ここを参照してください)。 Python プログラムが実行される個所で、Python ホイールが使用されるとPython 環境内にインストールされている RaptorXML ライブラリが使用されます。 Python ホイールが Python バージョン 3.5 と互換性を有することを確認してください。

 

.NET アプリケーション

.NET アプリケーションは.NET API オブジェクトを使用して、 RaptorXML 機能にアクセスすることができます  (ここを参照してください)。 .NET アプリケーションが実行される個所で、.NET API DLL 内に含まれる RaptorXML を使用します。

 

ライセンス

API を使用するために、ライセンス供与済みの RaptorXML+XBRL Server  のバージョンが Python プログラム、または、 .NET アプリケーションが実行されるマシンにインストールされる必要があります (下の使用方法を参照してください)。詳細に関してはライセンスのセクションを参照してください。

 


(C) 2019 Altova GmbH