Windows でのライセンス

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  RaptorXML のセットアップ > Windows でのセットアップ  >

Windows でのライセンス

RaptorXML Server は作動するために Altova LicenseServer にライセンスされている必要があります。ライセンス供与は以下の 2 つのステップから構成されています:

 

1.RaptorXML Server に LicenseServer を登録します。 RaptorXML Server から登録することができます。
2.RaptorXML Server のライセンスを割り当てます。ローカルマシンまたは、ネットワーク上のマシンにインストールされる必要のあるLicenseServer からライセンスを割り当てることができます。

 

Altova Web サイト から LicenseServer の最新のバージョンがインストールされていることを確認してください。LicenseServer の使用に関する詳細は、 Altova Web サイトユーザーマニュアル を参照してください。

 

Click to expand/collapseServiceController の開始

Altova ServiceController はAltova LicenseServer と Altova RaptorXML Server  を開始するために必須です。

 

Altova ServiceController (略してServiceController) は Windows システム上で Altova サービスを便利に開始、停止、構成できるアプリケーションです。

 

ServiceController は Altova LicenseServer とおよび サービスとしてインストールされる Altova サーバー製品  (FlowForce Server, RaptorXML(+XBRL) Server, and Mobile Together Server)と共にインストールされます。 スタート | Altova <%LICSERVER%> | Altova ServiceController をクリックして開始されます。 (このコマンドはAltova サーバー製品がサービスとしてインストールされている  (FlowForce Server, RaptorXML(+XBRL) Server, and Mobile Together Server)スタートメニューフォルダーでも利用可能です。)  ServiceController が開始した後、システムトレイからアクセスすることができます。 (下部スクリーンショット)。

inc-LSServiceControllerTrayIcon

システムログイン時に ServiceController の自動開始を指定するには、システムトレイの ServiceController アイコンをクリックして  ServiceController メニューを表示します (下部スクリーンショット)。 スタートアップ時に Altova ServiceController を作動する(Run Altova ServiceController at Startup) コマンドに切り替えます。 (このコマンドはデフォルトで切り替えられています。) ServiceController を終了するには、システムトレイの ServiceController アイコンをクリックして、表示されるメニューから Altova ServiceController の終了(Exit Altova ServiceController) をクリックします (下部スクリーンショット参照)。

inc-LSServiceControllerStart

 

 

Click to expand/collapseLicenseServer の開始

LicenseServer を開始するにはシステムトレイの、[ServiceController] アイコンをクリックします。メニューの [Altova LicenseServer] にポイントすると、(下部スクリーンショット参照) がポップアップします。サブメニューから [Start Service] (サービスの開始) を選択します。 LicenseServer が既に作動している場合、 Start Service オプションは無効化されます。

LSServiceControllerStart

 

Click to expand/collapseRaptorXML Server の開始

RaptorXML Server を開始するには、システムトレイの [ServiceController] アイコンをクリックします。メニューの Altova RaptorXML Server にポイントすると サブメニュー(下部スクリーンショット参照) がポップアップします。 RaptorXML Server サブメニューから [Start Service] (サービスの開始) を選択します。 RaptorXML Server が既に作動している場合、 Start Service オプションは無効化されます。

LSRXStart

メモ:RaptorXML Server がシングルスレッド実行を作動するようにライセンスされている場合、 (通常これは、使用中のマシンがマルチコアにもかかわらず、ライセンスがシングルコアの場合を指しますt)、1度に RaptorXML Server の1つのインスタンスのみをサーバー、または、コマンドラインから使用することができます。これは、シングルコアライセンスが自動的に開始される最初のインスタンスに自動的に割り当てられるからです。2番目のインスタンスは、最初のインスタンスが作動を停止するまで開始することはできません。

 

サービスが既に作動しており、 RaptorXML Server をコマンドラインから使用する場合、コマンドラインを使用する前にサービスを停止する必要があります。
RaptorXML Server をサービスから開始する場合、 コマンドラインアクションが実行中でないことを確認してください。それ以外の場合、サービスを開始することはできません。

 

 

Click to expand/collapseRaptorXML Server の登録

RaptorXML Server をコマンドラインインターフェイスから登録する場合、 licenseserver コマンドを使用します:

RaptorXML licenseserver [options] ServerName-Or-IP-Address

 

例えば、localhost が LicenseServer がインストールされているサーバーの名前の場合、:

RaptorXML licenseserver localhost

 

RaptorXML Server が FlowForce Server のインストールの一部としてインストールされる場合、  LicenseServer への FlowForce Server の登録の際、自動的に RaptorXML Server も登録されます。

 

FlowForce Server ドキュメンテーションに FlowForce Server の登録の手順が説明されています。原則: (i) Altova FlowForce Web をサービスとして ServiceController から開始します(前述のポイント参照); (ii) パスワードを入力してセットアップページにアクセスします; (iii) LicenseServer 名を選択または [LicenseServer により登録] をクリックします。

 

登録に成功した後、 LicenseServer 構成ページの Server Management (サーバーの管理)タブへ移動して RaptorXML Server へライセンスを割り当てます。


 

Click to expand/collapseライセンスの割り当て

RaptorXML Server の登録に成功した後、 LicenseServer の構成ページの Server Management (サーバーの管理タブ) リストされます。 移動して RaptorXML Server にライセンスの割り当てを行います。

 

コアとライセンスについてのメモ

Altova サーバー製品へのライセンスは製品マシンで使用可能なプロセッサ コアの数をベースにしています。 例えば、デュアル コア プロセッサはコアが 2 つ、クアッド コア プロセッサはコアが 4 つ、ヘキサ コア プロセッサはコアが 6 つ等々。特定のサーバーマシン上の製品にライセンスされたコアの数は、物理または仮想マシンで、サーバーで使用可能なコア数よりも多くまたは同数である必要があります。例えば、サーバーが 8 コア(オクタル コア プロセッサ)の場合、少なくとも 8-コア ライセンスを購入する必要があります。また、ライセンスを合計してコア数を満たすこともできます。2 つの 4-コアライセンスは、8-コアライセンスの代わりにオクタル コア サーバーで使用できます。

 

大きい CPU コアを持つコンピューターサーバーを使用し、少量を処理する場合、少ないコアを割り当てる仮想マシンを作成し、その数のライセンスを購入することもできます。このようなデプロイは、もちろん、サーバーの全ての利用可能なコアが利用されている場合に比べ、処理スピードが落ちます。

 

メモ: Altova サーバー製品のライセンスは、使用されていないライセンス容量があっても、 1 度に 1 つのクライアントマシンにだけしか使用することができません。例えば 10-コアライセンスが 6 CPU コアのクライアント マシンに使用される場合、残りの 4 コア ライセンスは他のマシンで同時に使用することができません。

 

MobileTogether Server ライセンス

サーバーマシンのコア数をベースにして MobileTogether Servers に割り当てられます。上の例を参照してください。上の説明を参照してください。コアライセンスは、無制限の数量の MobileTogether クライアントデバイスによりサーバーへの接続を許可します。しかしながら、「単一スレッドの実行」チェックボックスがチェックされていると、1度に しかしながら、「単一スレッドの実行」チェックボックスがチェックされていると、1度に MobileTogether Server に接続できるモバイルデバイスは1台です。これは、評価と小さい規模のテストを行う際に役に立ちます。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH