ExecuteAndGetResultAsStringWithBaseOutputURI

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  サーバー API: HTTP、COM/.NET、Java > サーバー API レファレンス > インターフェイス/クラス > XSLT > メソッド >

ExecuteAndGetResultAsStringWithBaseOutputURI

EngineVersion プロパティ内で名前の付けられた XSLT 仕様に従い XSLT変換を実行し、ベース URI により定義されているロケーションで文字列として結果を返します。baseURI パラメーターは URI を提供する文字列です。 このメソッドはチャートやセカンダリの結果などの追加結果ファイルを生成しません。また、 .docx OOXML ファイルなどのバイナリの結果をホールドしません。 追加の出力ファイルが必要な場合、 Execute メソッドを使用します。エラーが発生すると、 RaptorXMLException が挙げられます。 LastErrorMessage プロパティを使用して追加情報にアクセスします。

 

COM and .NET

 

署名: string ExecuteAndGetResultAsStringWithBaseOutputURI(string baseURI)

 

Java

 

署名: public string ExecuteAndGetResultAsStringWithBaseOutputURI(string baseURI)

 


(C) 2019 Altova GmbH