IServer/RaptorXMLFactory

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  サーバー API: HTTP、COM/.NET、Java > サーバー API レファレンス > インターフェイス/クラス >

IServer/RaptorXMLFactory

IServer/RaptorXMLFactory インターフェイスを使用して、RaptorXML エンジンにアクセスします。 COM/.NET API 内のインターフェイスの名前は、 Java API 内のインターフェイスの名前と異なることに注意してください:

 

COM/.NET: IServer
Java: RaptorXMLFactory

 

IServer/RaptorXMLFactory のメソッドとプロパティはこのセクションで説明されています。

 

Java API エントリポイント メソッド

Java API は、 com.altova.raptorxml パッケージ内にパッケージされています。RaptorXML クラスは、 RaptorXMLFactory オブジェクトを返す、 getFactory()と称されるエントリポイントメソッドを提供します。 RaptorXMLFactory インスタンスは、以下の呼び出しで作成されることができます: RaptorXML.getFactory()。

 


(C) 2019 Altova GmbH