インターフェイスの概要

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  サーバー API: HTTP、COM/.NET、Java > Java API >

インターフェイスの概要

Java API は、 com.altova.raptorxml パッケージ内にパッケージされています。RaptorXML クラスは、 RaptorXMLFactory オブジェクトを返す、 getFactory()と称されるエントリポイントメソッドを提供します。 RaptorXMLFactory インスタンスは、以下の呼び出しで作成されることができます: RaptorXML.getFactory()。

 

RaptorXMLFactory インターフェイスは、検証と、(XSLT 変換などの) 更なる処理のためにエンジンオブジェクトを取得するメソッドを提供します。

 

RaptorXMLFactory

RaptorXMLFactory のパブリックインターフェイスは、は次のリストの通り説明されています:

 

public interface RaptorXMLFactory

{

  public XMLValidator getXMLValidator();

  public XMLDSig getXQuery();

  public XQuery getXQuery();

  public XSLT getXSLT();

  public void setServerName(String name) throws RaptorXMLException;

  public void setServerPath(String path) throws RaptorXMLException;

  public void setServerPort(int port) throws RaptorXMLException;

  public void setGlobalCatalog(String catalog);

  public void setUserCatalog(String catalog);

  public void setGlobalResourcesFile(String file);

  public void setGlobalResourceConfig(String config);

  public void setErrorFormat(RaptorXMLException format);

  public void setErrorLimit(int limit);

  public void setReportOptionalWarnings(boolean report);

}

 

詳細に関しては、RaptorXMLFactory および各 Java インターフェイスを参照してください。また サンプル Java プロジェクトも参照することができます。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH