xmlsignature-remove

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  コマンドライン インターフェイス (CLI) > XML 署名コマンド >

xmlsignature-remove

xmlsignature-remove | xremove コマンドは、署名済みの入力ファイルの XML 署名を削除し、指定する出力の場所に署名が削除された結果を保存します。

 

Windows

RaptorXML xmlsignature-remove [options] --output=File SignedFile

Linux

raptorxml xmlsignature-remove [options] --output=File SignedFile

Mac

raptorxml xmlsignature-remove [options] --output=File SignedFile

 

XML 署名を削除する署名済みの XML ドキュメントの SignedFile 引数です。--output オプションは署名の削除された生成された XML ドキュメントの場所を指定します。

 

サンプル

 

raptorxml xremove --output=c:\UnsignedFile.xml c:\SignedFile.xml

 

Click to expand/collapseコマンドライン上の文字種とスラッシュ

Windows上での RaptorXML

Unix (Linux、 Mac) 上での raptorxml

 

* 小文字は (raptorxml) 全てのプラットフォーム(Windows、Linux、 および Mac)で使用することができますが、大文字と小文字 (RaptorXML) は、 Windows および Mac のみでしか使用できません。

* Linux と Mac 上ではスラッシュを使用し、Windows 上では、バックスラッシュを使用してください。

 

オプション

コマンドのオプションは以下にリストされ、2 つのグループに分けられています。 値は、 2 つのケースを除いて、引用なしで指定することができます: (i) 値文字列がスペースを含む場合、または (ii) オプションの詳細で明確に引用が必要と指定されている場合。

 

Click to expand/collapse共通のオプション

output = FILE

XML 署名が削除された作成された出力ドキュメントの URL です。

 

--verbose = true|false

true の値は、検証中の追加情報の出力を有効化します。デフォルト値は false です。

メモ:   ブール値のオプションの値は、オプションに対しての値が設定されていない場合、true  に設定されています。

 

 

Click to expand/collapseヘルプとバージョンのオプション

--help

コマンドのヘルプテキストを表示します。 例えば、 valany --h。 (または、 help コマンドは引数と共に使用することができます。例: help valany。)

 

--version

RaptorXML Server のバージョンを表示します。 . コマンドと共に使用される場合、 --version  をコマンドの前に置きます。

 

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH