XQuery

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  コマンドライン インターフェイス (CLI) > オプション >

XQuery

Click to expand/collapseindent-characters

--indent-characters = VALUE

インデントとして使用される文字列を指定します。

 

Click to expand/collapseinput

--input = FILE

変換される XML ファイルの URL です。

 

Click to expand/collapsekeep-formatting

--keep-formatting = true|false

ターゲットドキュメントのフォーマットを最大範囲可能な限り保持します。 デフォルト: true。

 

Click to expand/collapseomit-xml-declaration

--omit-xml-declaration = true|false

シリアル化 オプションは XML 宣言が出力から省略されるかどうかを指定します。 true の場合、出力ドキュメント内に XML 宣言はありません。false の場合、 XML 宣言は含まれます。 デフォルト値は false です。

メモ:   ブール値のオプションの値は、オプションに対しての値が設定されていない場合、true  に設定されています。

 

Click to expand/collapseoutput, xsltoutput

output = FILE, xsltoutput = FILE

プライマリ出力ファイルの URL。例えば、 複数のファイルの HTML 出力の場合、プライマリ出力のファイルは、エントリポイント HTML ファイルの場所になります。 イメージファイルなどの、追加出力ファイルは、 xslt-additional-output-files として報告されます。 --output または --xsltoutput オプションが指定されていない場合、出力は標準の出力に書き込まれます。

Click to expand/collapseoutput-encoding

--output-encoding = VALUE

出力ドキュメント内のエンコード属性の値。 有効な値は IANA 文字セットレジストリ内の名前です。 デフォルト値は UTF-8 です。

 

Click to expand/collapseoutput-indent

--output-indent = true|false

true の場合、出力は階層的構造に従いインデントされます。 false の場合、階層形式のインデントはありません。 デフォルトは false です。

メモ:   ブール値のオプションの値は、オプションに対しての値が設定されていない場合、true  に設定されています。

 

Click to expand/collapseoutput-method

--output-method = xml|html|xhtml|text

出力フォーマットを指定します。 デフォルト値は xml です。

 

Click to expand/collapseparam [p]

--p | --param = KEY:VALUE

外部パラメーターの値を指定します。 内部パラメータは、declare variable を持ち、変数名、 external キーワード、およびセミコロンが続く、 XQuery ドキュメント内で宣言されています。 例:

 declare variable $foo as xs:string external;

external キーワードである $foo は、外部パラメータとなり、その値は、ランタイム時に外部ソースからパスされます。外部パラメーターは、 CLI コマンドにより値を与えられます。 例:

 --param=foo:'MyName'

上で説明されているように、 KEY は外部パラメータの名前です。 VALUE は、 XPath 式として与えられた外部パラメーターの値です。の値です。  CLI で使用されたパラメーター名は、 XQuery ドキュメント内で宣言される必要があります。 複数の外部パラメータが CLI がでパスされた値である場合、 それぞれに個別の --param オプションが必要になります。  XPath 式にスペースが含まれる場合二重引用符を使用する必要があります。

 

グローバルスタイルシートのパラメーターを指定します。 KEY はパラメータ名であり、 VALUE は、パラメーターの値を与える XPath 式です。 CLI で使用されるパラメーター名は、スタイルシート内で宣言される必要があります。 複数のパラメータが使用される場合、--param スイッチが各パラメータ前に使用される必要があります。 XPath 式内または式内の文字列でスペースが含まれる場合は、二重引用符が、 XPath 式の周りで使用される必要があります。例:

 

raptorxml xslt --input=c:\Test.xml --output=c:\Output.xml --param=date://node[1]/@att1 --p=title:'stringwithoutspace' --param=title:"'string with spaces'" --p=amount:456 c:\Test.xslt

 

Click to expand/collapseupdated-xml

--updated-xml = discard|writeback|asmainresult

更新された XML ファイルがどのように扱われるかを指定します。アップデートは以下のとおりです:

 

破棄されたまたはファイルに書き込まれない (discard)
--input オプションにより指定されている入力 XML ファイルに書き込まれる  (writeback)
標準の場所または --output オプションにより指定されている場所に保存される  (定義されている場合)

 

デフォルト: discard。

 

Click to expand/collapsexquery-update-version

--xquery-update-version = 1|1.0|3|3.0|

XQuery プロセッサが XQuery Update Facility 1.0 または XQuery Update Facility 3.0 を使用するかを指定します。 デフォルト値は 3 です。

 

Click to expand/collapsexquery-version

--xquery-version = 1|1.0|3|3.0|3.1

XSLT プロセッサが XSLT 1.0 または XSLT 3.0. を使用するか指定します。デフォルト値は  3.1 です。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH