XML

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  コマンドライン インターフェイス (CLI) > オプション >

XML

Click to expand/collapseassessment-mode

--assessment-mode = lax|strict

XSD 仕様で定義されているようにスキーマの有効性評価モードを指定します。 デフォルト値は strict です。  XML インスタンスドキュメントはこのオプションで指定されたモードに従い検証されます。

 

Click to expand/collapsedtd

--dtd = FILE

検証に使用される外部 DTD ドキュメントを指定します。 XML ドキュメント内に外部 DTD への参照が存在する場合、CLI オプションが外部参照を上書きします。

 

Click to expand/collapseload-xml-with-psvi

--load-xml-with-psvi = true|false

入力 XML ファイルを有効化し、スキーマ検証後の情報を生成します。デフォルト: true。

 

Click to expand/collapsenamespaces

--namespaces = true|false

名前空間対応処理を有効化します。 これは、 XML インスタンス内の間違った名前空間のため発生するエラーをチェックするために役に立ちます。デフォルト値は false です。

メモ:   ブール値のオプションの値は、オプションに対しての値が設定されていない場合、true  に設定されています。

 

Click to expand/collapsexinclude

--xinclude = true|false

XML Inclusions (XInclude) へのサポートを有効化します。 デフォルト値は false です。 false の場合、  XInclude の include 要素は無視されます。

メモ:   ブール値のオプションの値は、オプションに対しての値が設定されていない場合、true  に設定されています。

 

Click to expand/collapsexml-mode

--xml-mode = wf|id|valid

XML インスタンスドキュメントのために使用される XML 処理モードを指定します: wf=整形式のチェック; id=ID/IDREF チェックと共に整形式のチェック; valid=検証。 デフォルト値は wf です。 valid の値は DTD の参照の処理中に各スキーマドキュメントがロードされることを必要とします。 DTD が存在しない場合エラーは発生しません。

Click to expand/collapsexml-validation-error-as-warning

--xml-validation-error-as-warning = true|false

検証エラーを警告として扱うかを指定します。 警告として扱われる場合、エラーが検出されても、XSLT 変換などの追加処理は継続されます。 デフォルトは false です。

 

Click to expand/collapsexsd

--xsd = FILE

1つまたは複数の XML スキーマ ドキュメント を XML インスタンスの検証に使用することを指定します。 1 つ以上のスキーマドキュメントを指定するため、オプションを複数回追加します。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH