verifylicense

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  コマンドライン インターフェイス (CLI) > ヘルプとライセンスコマンド >

verifylicense

verifylicense コマンドは、 Windows にのみ使用することができます。このコマンドは、 RaptorXML Server がライセンスされているかどうかをチェックし、オプションで与えられたライセンスキーがすでに RaptorXML Server に割り当てられているかを確認します。このコマンドはライセンスキーをオプションとして取ります。このコマンドはライセンスの状態または与えられたライセンスキーの有効性に関するステートメントを返します。

 

Windows

RaptorXML verifylicense [options]

Linux

not applicable

Mac

not applicable

 

サンプル

 

raptorxml verifylicense
raptorxml verifylicense --license-key=a-39-character-long-license-code-(7x5, plus 4 hyphens)
raptorxml verifylicense --l=a-39-character-long-license-code-(7x5, plus 4 hyphens)

 

返されるステートメントは、以下に類似します:

 

The product has a valid license
The product does not have a valid license
The license key AAAAAAA-BBBBBBB-CCCCCCC-DDDDDDD-EEEEEEE is assigned to the product
The license key AAAAAAA-BBBBBBB-CCCCCCC-DDDDDDD-EEEEEEE is not assigned to the product

 

Click to expand/collapseコマンドライン上の文字種とスラッシュ

Windows上での RaptorXML

Unix (Linux、 Mac) 上での raptorxml

 

* 小文字は (raptorxml) 全てのプラットフォーム(Windows、Linux、 および Mac)で使用することができますが、大文字と小文字 (RaptorXML) は、 Windows および Mac のみでしか使用できません。

* Linux と Mac 上ではスラッシュを使用し、Windows 上では、バックスラッシュを使用してください。

 

オプション

以下のオプションを使用することが可能です:

 

--l|license-key=VALUE

VALUE は、 39 文字から構成されるライセンスキーで、区切りはありません。キーはハイフンで区切られた 5 つのブロックから構成されます。

 

--h|help

コマンドのヘルプテキストを表示します。

 

--version

RaptorXML Server のバージョン番号を表示します。 オプションはコマンドの前に置かれる必要があります。 ですから、以下のようになります: raptorxml --version licenseserver.

 


(C) 2019 Altova GmbH