XPath/XQuery 関数: 数値

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  エンジン情報 > XSLT と XPath/XQuery 関数 > Altova 拡張関数
 >

XPath/XQuery 関数: 数値

Altova の数値拡張関数は XPath と XQuery 式で使用することができ、XML スキーマの異なる日付および時刻データ型で保存されているデータを処理するための追加機能を提供します。 このセクションの関数は、Altova の XPath 3.0 および XQuery 3.0 エンジンで使用することができます。これらの関数は、XPath/XQuery コンテキストで使用することができます。

 

関数の名前指定と言語の適用性

Altova 拡張関数はXPath/XQuery 式で使用することができ、 XPath、 XQuery、および XSLT 関数の標準ライブラリで使用可能な機能に更なる機能性を与えます。 Altova 拡張関数はAltova 拡張関数名前空間、 http://www.altova.com/xslt-extensions に収められており、 altova:プレフィックスが、このセクションでは使用されます。製品の今後のバージョンが拡張機能への継続的サポート、または個別の関数の振る舞いは変更する可能性があることに注意してください。 Altova 拡張機能へのサポートに関しては、今後のリリースのドキュメントを参照してください。

 

XPath 関数 (XSLT 内の XPath 式で使用 ):

XP1 XP2 XP3.1

XSLT 関数 (XSLT 内の XPath 式で使用):

Xslt1 XSLT2 XSLT3

XQuery 関数 (XQuery 内の XQuery 式で使用):

XQ1 XQ3.1

 

 

自動付番関数

Click to expand/collapsegenerate-auto-number [altova:]

altova:generate-auto-number(ID as xs:string, StartsWith as xs:double, Increment as xs:double, ResetOnChange as xs:string)  を  xs:integer とする     XP1 XP2 XQ1 XP3.1 XQ3.1

関数が呼び出される度に番号を生成します。関数が初めて呼び出される際に生成される最初の番号は StartsWith 引数により指定されます。 その後の関数の呼び出しは新しい番号を生成します。この番号は前に生成された番号を、 Increment 引数で指定された値ごとにインクリメントします。実質的には、altova:generate-auto-number 関数は、 ID 引数により指定されたカウンターを作成し、このカウンターが関数が呼び出されるごとにインクリメントされます。 ResetOnChange 引数の値が、前の関数呼び出しから変更されると、生成される番号の値が StartsWith 値にリセットされます。 自動付番は altova:reset-auto-number 関数を使用してリセットすることができます。

altova:generate-auto-number("ChapterNumber", 1, 1, "SomeString") は、関数が呼び出される度に番号を 1 つ返します。 1 から始まり、関数が呼び出される度に 1 ずつインクリメントします。その後の呼び出しの 4 番目の"SomeString"引数がである限り、 インクリメントは継続されます。 4 番目の引数の値が変更されると、( ChapterNumber と呼ばれる) カウンター は 1 にリセットされます。ChapterNumber の値もaltova:reset-auto-number 関数の呼び出しによりの altova:reset-auto-number("ChapterNumber")ようにリセットされます

 

 

Click to expand/collapsereset-auto-number [altova:]

altova:reset-auto-number(ID as xs:string)     XP1 XP2 XQ1 XP3.1 XQ3.1

この関数は、 ID 引数内で名づけられた自動付番カウンターの番号をリセットします。 引数内のカウンター名を作成した関数の引数により指定された数値にリセットされます。altova:generate-auto-number

altova:reset-auto-number("ChapterNumber") は、altova:generate-auto-number 関数により作成されたChapterNumber という名の自動付番カウンターをリセットします。
ChapterNumber を作成したaltova:generate-auto-number 関数の StartsWith 引数の値に数値をリセットします。

 

 

[ トップ ]

 

数値関数

Click to expand/collapsehex-string-to-integer [altova:]

altova:hex-string-to-integer(HexString as xs:string) を xs:integer とする         XP3.1 XQ3.1

10 進のシステム(10進)内の正数の16 進の同値の文字列引数を必要とし、10 進の整数を返します。

altova:hex-string-to-integer('1')1 を返します。
altova:hex-string-to-integer('9')9 を返します。
altova:hex-string-to-integer('A')10 を返します。
altova:hex-string-to-integer('B')11 を返します。
altova:hex-string-to-integer('F')15 を返します。
altova:hex-string-to-integer('G') はエラーを返します。
altova:hex-string-to-integer('10')16 を返します。
altova:hex-string-to-integer('01')1 を返します。
altova:hex-string-to-integer('20')32 を返します。
altova:hex-string-to-integer('21')33 を返します。
altova:hex-string-to-integer('5A')90 を返します。  
altova:hex-string-to-integer('USA') はエラーを返します。  

 

 

Click to expand/collapseinteger-to-hex-string [altova:]

altova:integer-to-hex-string(Integer as xs:integer) を xs:string とする         XP3.1 XQ3.1

正数を引数として必要とし、文字列として自身のベース16 の同値を返します。

altova:integer-to-hex-string(1)'1' を返します。
altova:integer-to-hex-string(9)'9' を返します。
altova:integer-to-hex-string(10)'A' を返します。
altova:integer-to-hex-string(11)'B' を返します。
altova:integer-to-hex-string(15)'F' を返します。
altova:integer-to-hex-string(16)'10' を返します。
altova:integer-to-hex-string(32)'20' を返します。
altova:integer-to-hex-string(33)'21' を返します。
altova:integer-to-hex-string(90)'5A' を返します。  

 

 

[ トップ ]

 

数値をフォーマットする関数

Click to expand/collapsegenerate-auto-number [altova:]

altova:generate-auto-number(ID as xs:string, StartsWith as xs:double, Increment as xs:double, ResetOnChange as xs:string)  を  xs:integer とする     XP1 XP2 XQ1 XP3.1 XQ3.1

関数が呼び出される度に番号を生成します。関数が初めて呼び出される際に生成される最初の番号は StartsWith 引数により指定されます。 その後の関数の呼び出しは新しい番号を生成します。この番号は前に生成された番号を、 Increment 引数で指定された値ごとにインクリメントします。実質的には、altova:generate-auto-number 関数は、 ID 引数により指定されたカウンターを作成し、このカウンターが関数が呼び出されるごとにインクリメントされます。 ResetOnChange 引数の値が、前の関数呼び出しから変更されると、生成される番号の値が StartsWith 値にリセットされます。 自動付番は altova:reset-auto-number 関数を使用してリセットすることができます。

altova:generate-auto-number("ChapterNumber", 1, 1, "SomeString") は、関数が呼び出される度に番号を 1 つ返します。 1 から始まり、関数が呼び出される度に 1 ずつインクリメントします。その後の呼び出しの 4 番目の"SomeString"引数がである限り、 インクリメントは継続されます。 4 番目の引数の値が変更されると、( ChapterNumber と呼ばれる) カウンター は 1 にリセットされます。ChapterNumber の値もaltova:reset-auto-number 関数の呼び出しによりの altova:reset-auto-number("ChapterNumber")ようにリセットされます

 

 

[ トップ ]

 


(C) 2019 Altova GmbH