タイマーのトリガー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  サーバーの手順 > サービスの構成 >

タイマーのトリガー

タイマーのトリガーにより、指定されている期間内でどの頻度、どのタイミングでトリガーが実行されるか定義することができます。 下のスクリーンショットは、タイマーのトリガーの設定の定義方法を表示しています。

MTSServiceTimerTrigger

トリガーは次のパラメーターの手助けにより定義されています:

 

名前: トリガーの名前はトリガーの識別子としての役割を果たす文字列です。
実行: トリガーが1度、または、毎 N 日ごとに実行されるか定義します。
繰り返し: サービスの頻度を定義します: 指定された期間内で毎 x 分ごと。
開始、終了: サービスが実行される期間の開始、および、終了をそれぞれ定義します。
タイムゾーン: 開始と有効期限フィールドの値のタイムゾーンを指定します。
有効化済み: このチェックボックスによりトリガーを有効化/無効化することができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH