HTTP トリガー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  サーバーの手順 > サービスの構成 >

HTTP トリガー

HTTP トリガーにより、Last-ModifiedContent-MD5 HTTP ヘッダー フィールドへの変更をチェックすることにより、変更のための URI を監視することができます。ポーリング間隔を構成することができ、 トリガーの開始と終了の期間を任意で設定することができます。 下のスクリーンショットでは、 HTTP トリガーの設定の方法が表示されています。

MTSServiceHTTPTrigger

トリガーは次のパラメーターの手助けにより定義されています:

 

名前: トリガーの名前はトリガーの識別子としての役割を果たす文字列です。
コンテンツのチェック: 任意の HTTP ヘッダー Content-MD5 をチェックします。これはメッセージの整合性チェックとして使用される 128-ビット "ダイジェスト" です。ヘッダーがポーリング間隔が過ぎた後に変更されると、 トリガーが実行されます。ヘッダーが HTTP ロケーションのサーバーで提供されていない場合、 コンテンツが抽出され、ローカルでハッシュされます。 ハッシュは次のポールの際に比較されます。
変更された日付のチェック: HTTP ヘッダー Last-Modified. ヘッダーが不足している場合、 Content-MD5 ヘッダーがチェックされます (上記を参照).
ポーリング間隔: URI がポールされる際に使用される頻度を秒数で指定します。
解決するまで N 秒待つ: 次のサービスが開始する前にサーバーが待つ時間を秒数で定義します。
開始、終了 (任意): サービスが実行される期間の開始、および、終了をそれぞれ定義します。
タイムゾーン: 開始と有効期限フィールドの値のタイムゾーンを指定します。
有効化済み: このチェックボックスによりトリガーを有効化/無効化することができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH