サービスの構成

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  サーバーの手順 >

サービスの構成

サーバーサービスは、ソリューションとして MobileTogether Server Advanced Edition にデプロイされる MobileTogether アクション(.mtd ファイル)のセットです。サービス内で定義されるアクションは、 MobileTogether Server 条件(または、トリガー) のセットが満たされると実行されます。 このセクションは、トリガーの定義方法について説明しています。サービスのために複数のトリガーを作成することができ、定義済みのトリガーを有効化、または、無効化することができます。

 

メモ:        サービスのソリューションファイル (.mtd ファイル) は、 MobileTogether Designer 内で作成される必要があります。詳細に関しては、 MobileTogether Designer ドキュメントを参照してください。

 

サーバーの構成 インターフェイスへのアクセス

サービスが (MobileTogether Designer から)デプロイされている場合、他のソリューション同様、ワークフロー タブ内に表示されます。 ブラウザー内で実行列内の 「サービス 構成」 ボタンにより他のソリューションからサービスを区別します(下のスクリーンショットを参照). 下のスクリーンショットでは、 MTSLogs という名前のサービスが /services コンテナーにデプロイされています。サーバーの構成 (または設定) インターフェイスにアクセスするには、「サービスの構成」をクリックします。

 

MTSServiceConfigure

 

 

サービスの構成 (設定) インターフェイス

サーバーの構成 (または設定) インターフェイスにより、サービスを実行するトリガーを定義し管理することができます (下のスクリーンショットを参照)。

 

MTSServiceSettingsEmpty

 

次の種類のトリガーを作成することができます:

 

タイマーのトリガー によりサービスを実行する指定されている期間内でのトリガーの時刻と頻度を指定することができます。
ファイルシステムのトリガー により、サーバー上のファイルまたはディレクトリへの変更をチェックすることによりサービスをトリガーすることができます。
HTTP トリガー により、指定されている URI ロケーションで、リソースへの変更をチェックすることによりサービスをトリガーすることができます。

 

トリガーを追加するには、トリガーの種類に対応するボタンをクリックします。トリガーの各種類に関しては、このセクションのサブセクションで詳細に説明されています。トリガーの作成後、トリガーの右側にあるボタンを使用して管理してください。

[今すぐトリガーする]

サービスをすぐに実行します。ファイルシステムトリガーのために無効化されています: ファイル/ディレクトリ 変更がサービスをトリガーするために、リダンダントになります。

icon_duplicate

トリガーの複製。

icon_delete

トリガーの削除。

icon_undo

前の削除アクションを元に戻します。

 

トリガー フィールドの一部では、 icon_addicon_delete ボタンが横に表示されています。これらのボタンを使用して、トリガーフィールドの値を設定、または、クリアすることができます。ページ内で表示されていると値は設定されているものとして扱われます。 例えば、 下のスクリーンショット内では、繰り返し の値は、設定されていませんが、開始の値は 2018-01-26, 00:00:00 に設定されています。

MTSTriggerSetValue

 

サービスの設定の保存方法

サービスのトリガーを設定すると、ページの下にある 「保存」 をクリックして設定を保存します。

 


(C) 2019 Altova GmbH