ソリューションを使用する統計

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  サーバーの手順 >

ソリューションを使用する統計

ソリューションを使用する統計はデフォルトで /admin コンテナー内にある Statistics ソリューションで確認することができます。 Statistics ソリューションは、ユーザーにより選択された期間の個々のソリューションについての統計を表示します。ユーザーの数、デバイスまたはオペレーションシステムの種類、ピークタイムの使用状況など多種のフィルターを使用することができます。

 

下のスクリーンショットは Statistics ソリューションの紹介ページを表示しています。

mtsappusagestatsintro_zoom85

 

統計 ソリューション: セットアップ

MobileTogether Server バージョン 4.0 以降から Statistics ソリューションは MobileTogether Server にデプロイ済みでソリューションは /admin コンテナーに存在します。Statistics ソリューションは、レポートを向上するために定期的に更新されます。ソリューションの最新のバージョンの機能を活用するために Statistics ソリューションの最新のバージョンに更新することが奨励されます。

 

使( 4.0 よりも古いバージョンであるために) 用中のバージョンが Statistics ソリューションをデプロイしていない場合、または、ソリューションの最新バージョンに更新する場合は、以下を行います:

 

1.最新のバージョン (現在は 5.4) に MobileTogether Server ソフトウェア にを更新します。
2.URL: http://<serverIPAddressOrName>:8085/ を入力して、Web ブラウザーから MobileTogether Server 管理者インターフェイス にアクセスします。
3.ログイン情報を入力し、ワークフロータブに移動します。
4.「コンテナーの作成」 をクリックして、コンテナー名として admin を入力し、「保存して移動する」をクリックします。
5.MobileTogether Designer 内で、 Statistics.mtd ファイルを開きます。 このファイルは MobileTogether Server AppData フォルダーのソリューション フォルダー内にあります (下のテーブル参照)。
6.ファイル Statistics.mtd が MobileTogether Designer 内で開かれると、 MobileTogether Server の /admin コンテナーにデプロイします。MobileTogether Designer のメニューコマンド 「ファイル |  MobileTogether Server にデプロイする」を使用して行います。
7.MobileTogether Server 管理者インターフェイス 内で、設定 タブに移動し、統計ペイン 内で、set 統計の制限 を正の整数に設定し、統計データのトラッキングを有効化します。
8.ソリューション 統計を今後確認するには、 Statistics ソリューションを開始し以下を行います:  MobileTogether Server 内で、ワークフロータブ に移動し、/admin コンテナーを開き、 Statistics ソリューションを開始します。 または、 以下の URL を入力します: http://<serverIPAddressOrName>:8085/run?d=/admin/Statistics/

 

メモ:Statistics ソリューションを希望するコンテナーにデプロイすることができます。 ソリューションを実行するには、正確なコンテナーに移動するためにソリューションの URL を変更します。

 

異なるオペレーションシステム上の MobileTogether Server AppData フォルダー の場所

 

Linux

/var/opt/Altova/MobileTogetherServer

Mac

/var/Altova/MobileTogetherServer

Windows 7、8、 10

C:\ProgramData\Altova\MobileTogetherServer

 

統計 ソリューション: 詳細

Statistics ソリューション インターフェイス (下のスクリーンショット) は3つのタブから構成されています:

 

ユーザー/デバイス/リクエスト
時間別の使用状況
OS/製造元/プラットフォーム/デバイスの種類

 

アクティブなタブが赤い色で表示されます (スクリーンショット参照)。

mtsappusagestats_zoom80

 

各タブには、2つまたは3つのフィルターが存在します。各タブ内のフィルターの1つは、常にソリューション フィルターです。 これにより、サーバーにデプロイされている全てのソリューションから単一のソリューションを選択することができます。または、全てのソリューションを選択することができます。他のフィルターにより表示される統計のカテゴリを選択することができます。統計が表示される時間の間隔を選択することもできます。

 

 

ユーザー/デバイス/リクエスト

異なるプラットフォームのために統計を表示します。プラットフォームは異なる色により表示されています (上のスクリーンショットを参照)。すべてのプラットフォームを表示のチェックを解除すると、プラットフォーム フィルターを使用して表示するプラットフォーム (iOS、Android、Web、Windows、および Windows Phone) を選択することができます。レポート フィルター内で、 以下から選択することができます:

 

ユーザー: ユーザーの数量。
デバイス: デバイスの数量。
リクエストのカウント: リクエストの数量。
リクエストの合計時間 (秒): リクエストを処理するために使用された合計時間 (秒)。
リクエストの平均時間 (ミリ秒): 単一のリクエストを処理するための平均時間 (ミリ秒)。
リクエストの最大時間 (ミリ秒): 処理に最も長くかかったリクエストの処理時間 (ミリ秒)。
開始するソリューション: プラットフォーム別に整理された開始するソリューション。
受信トラフィック  (MB): MT クライアントからの受信トラフィックの総量 (MB)。サーバーから MT サーバーへの HTTP トラフィックは含まれていません。
送信トラフィック (MB): MT クライアントへの送信トラフィックの総量 (MB)。MT サーバーから他のサーバーへの HTTP トラフィックは含まれていません。
既読のファイル: サーバー上の既読のファイル数量。
既読のファイルのサイズ (MB): サーバー上のすべての既読のファイルの総量。
書き込まれたファイル: サーバー上の書き込まれたファイル数量。
書き込まれたファイル サイズ (MB): サーバー上のすべての書き込まれたファイル総量。
データベースの読み取り/書き込み: ソリューション内で使用されている DB への読み取り/書き込みの数量。または、 DB からの読み取り/書き込みの数量からの数量。MT 内部データベースは含まれていません。
HTTP リクエスト: MT サーバーから他のサーバーへの HTTP リクエストの数量。
HTTP リクエスト受信トラフィック  (MB): 他のサーバーから MT サーバーへの受信 HTTP トラフィック (MB)。MT クライアントとのトラフィックは含まれません。
HTTP リクエスト送信トラフィック  (MB): 他のサーバーから MT サーバーへの出力 HTTP トラフィック (MB)。MT クライアントとのトラフィックは含まれません。
イメージ: サーバー上でロードされたイメージの数量。チャートは含まれていません。
チャート: サーバー上で作成されたチャートの数量。
合計時間のチャート (秒): サーバー上でチャートを生成するために使用された合計時間 (秒)。
平均時間のチャート (ミリ秒): 単一のチャートを生成するための平均時間 (ミリ秒) 。
最大時間のチャート (ミリ秒): 単一のチャートを生成するために必要とされた最大時間 (ミリ秒)。

 

すべてのプラットフォームを同時に表示する を選択した場合、すべてのプラットフォーム (iOS、Android、Web、Windows、および Windows Phone) が1つのイメージ内に表示され、 各 プラットフォームが異なる色で表示されます。 プラットフォームを同時に表示する オプションの選択が解除されている場合、各プラットフォームのためのイメージはプラットフォーム フィルター内で対応するプラットフォームを個別に選択することにより表示されます。

 

 

時刻別の使用量

選択されたソリューションの使用状況を、過去の週の各日のために24時間を2時間の単位で表示しています。すべてのプラットフォームを表示のチェックを解除すると、プラットフォーム フィルターを使用して表示するプラットフォーム (iOS、Android、Web、Windows、および Windows Phone) を選択することができます。レポート フィルター内で、 以下から選択することができます:

 

ユーザー: ユーザーの数量。
デバイス: デバイスの数量。
リクエストのカウント: リクエストの数量。
リクエストの合計時間 (秒): リクエストを処理するために使用された合計時間 (秒)。
リクエストの平均時間 (ミリ秒): 単一のリクエストを処理するための平均時間 (ミリ秒)。
リクエストの最大時間 (ミリ秒): 処理に最も長くかかったリクエストの処理時間 (ミリ秒)。
開始するソリューション: プラットフォーム別に整理された開始するソリューション。
受信トラフィック  (MB): MT クライアントからの受信トラフィックの総量 (MB)。サーバーから MT サーバーへの HTTP トラフィックは含まれていません。
送信トラフィック (MB): MT クライアントへの送信トラフィックの総量 (MB)。MT サーバーから他のサーバーへの HTTP トラフィックは含まれていません。
既読のファイル: サーバー上の既読のファイル数量。
既読のファイルのサイズ (MB): サーバー上のすべての既読のファイルの総量。
書き込まれたファイル: サーバー上の書き込まれたファイル数量。
書き込まれたファイル サイズ (MB): サーバー上のすべての書き込まれたファイル総量。
データベースの読み取り/書き込み: ソリューション内で使用されている DB への読み取り/書き込みの数量。または、 DB からの読み取り/書き込みの数量からの数量。MT 内部データベースは含まれていません。
HTTP リクエスト: MT サーバーから他のサーバーへの HTTP リクエストの数量。
HTTP リクエスト受信トラフィック  (MB): 他のサーバーから MT サーバーへの受信 HTTP トラフィック (MB)。MT クライアントとのトラフィックは含まれません。
HTTP リクエスト送信トラフィック  (MB): 他のサーバーから MT サーバーへの出力 HTTP トラフィック (MB)。MT クライアントとのトラフィックは含まれません。
イメージ: サーバー上でロードされたイメージの数量。チャートは含まれていません。
チャート: サーバー上で作成されたチャートの数量。
合計時間のチャート (秒): サーバー上でチャートを生成するために使用された合計時間 (秒)。
平均時間のチャート (ミリ秒): 単一のチャートを生成するための平均時間 (ミリ秒) 。
最大時間のチャート (ミリ秒): 単一のチャートを生成するために必要とされた最大時間 (ミリ秒)。

OS/製造元/プラットフォーム/デバイスの種類

各必要条件 (OS, 製造元、プラットフォーム、およびデバイスの種類) は、必要とされるインスタンスの選択されたソリューションの使用状況について表示します。例えば、プラットフォームの必要条件のために、 各 プラットフォームは総合の使用状況に対して表示されます。 それぞれのケースにつき、円グラフで表示され、必要条件のインスタンスは円グラフの一部として表示されます。レポートフィルター内では、 次から選択することができます:

 

OS: 各 OS は異なる色で表示されます。
製造元: 各製造元は異なる色で表示されます。
プラットフォーム: 各プラットフォームは異なる色で表示されます。
デバイスの種類: 各デバイスの種類は異なる色で表示されます。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH