このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MobileTogether Server

MobileTogether クライアントと使用するための MobileTogether Server のセットアップ:

 

MobileTogether Server のインストールと構成

MobileTogether Designer から MobileTogether Server への MobileTogether ソリューションのデプロイ

MobileTogether Server 上のソリューションにアクセスするための (モバイル デバイス上の) MobileTogether Client アプリの構成

 

更に詳しい手順:

 

1.MobileTogether Server のインストール方法

2.MobileTogether Server のライセンス

3.SSL 暗号化のセットアップ

4.基本設定の定義

5.ユーザーアカウントの設定

6.MobileTogether ソリューションの MobileTogether Server へのデプロイ

7.MobileTogether Server にアクセスするための MobileTogether Client アプリの構成

 

サーバー IP アドレスとネットワーク ファイアーウォールの設定

使用中のサーバーは (インターネットを介してアクセスすることのできる) 公開された IP アドレス、および/または (例えば、企業内ネットワーク内の WiFi など、プライベートのネットワーク内でアクセスすることのできる) プライベートの IP アドレスを持つことができます。もし、モバイルクライアントデバイスがインターネットにサーバーのプライベートの IP アドレスを使用して、 アクセスした場合、アクセスはうまくいきません。これは、プライベートの IP アドレスは、インターネット上では知られておらず、解決することができないからです。 クライアントデバイスが、プライベートの IP アドレスを使用する場合、 クライアントデバイスはプライベートネットワークへのアクセスを既に取得している必要があります。

 

サーバーへのアクセスを確実にするために、以下を行ってください:

 

インターネットを介してアクセスできるように、サーバーに公開された IP アドレスを与えます。クライアントデバイスでは、この公開された IP アドレスを使用してサーバーにアクセスします。

ファイアーウォールを使用しており、 MobileTogether Server をサーバーにプライベート IP アドレスを使用して(プライベートのネットワーク内に) インストールする場合、 ネットワークのファイアーウォールを使用して、 公開された IP アドレス/ポートの組み合わせに送信されたリクエストを使用中の MobileTogether Server サーバーに転送します。クライアントデバイスでは、公開された IP アドレスを使用してください。

 

MobileTogether Client 通信のために使用されるサーバーポートが使用されてサーバーへのアクセスが許可されるようにファイアーウォールが構成されていることを確認してください。MobileTogether Server で使用されるポートは、 MobileTogether Server の Web UI の設定ページで指定することができます。(MobileTogether Server ユーザーマニュアルを参照してください)。クライアントデバイスでは、これはアクセスするサーバーポートとして指定されている必要があります。

 

ヒント: ポート 80 はデフォルトで通常ほとんどのファイアーウォールに対して開かれています。ですから、ファイアーウォールの設定で問題があり、ポート 80 が他のサービスにバインドされていない場合、ポート 80 をクライアントとの通信用の MobileTogether Server ポートとして指定することができます。

 

 

(C) 2019 Altova GmbH