LicenseServer のインストール (Linux)

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  Altova LicenseServer > LicenseServer のインストールと開始 (Linux) >

LicenseServer のインストール (Linux)

Altova LicenseServer は Linux システム (Debian、Ubuntu、CentOS、RedHat) にインストールすることができます。

 

システムの必要条件

hmtoggle_arrow1Linux
CentOS 6 または以降
RedHat 6 または以降
Debian 8 または以降
Ubuntu 14.04 または以降

 

次のライブラリはアプリケーションをインストールし実行するために必要とされるライブラリです。下のパッケージが使用中 Linux のマシンで使用できない場合、 yum (または、適用できる場合、 apt-get を) コマンドを実行してインストールしてください。

 

サーバー

CentOS, RedHat

Debian

Ubuntu

LicenseServer

krb5-libs

libgssapi-krb5-2

libgssapi-krb5-2

MobileTogether Server

qt4, krb5-libs, qt-x11

libqtgui4, libgssapi-krb5-2

libqtgui4, libgssapi-krb5-2, libldap-2.4 (メモを参照)

 

メモ:   Altova チャート機能を使用する場合、チャートが正確に表示されるように少なくともフォントの1つがシステム上にインストールされている必要があります。 インストールされているフォントをリストするには、例えば Fontconfig ライブラリfc-list コマンドを使用してください。

 

メモ:   新規にインストールされた Ubuntu server 18.04.1 LTS 上では、 universe レポジトリが (以下のコマンドを使用して: sudo add-apt-repository universe) 適用される必要があることがわかりました。 libqtgui4 のインストールがこのアップグレードの後に必要です。

 

 

インストールに必要な管理者の権限

LicenseServer をインストールするには LicenseServer がインストールされているマシンのために管理者権限を取得する必要があります。

 

古いバージョン LicenseServer のアンインストール

Linux コマンドラインインターフェイス (CLI) で以下のコマンドを使用して LicenseServer がインストールされているか確認することができます:

 

 [Debian, Ubuntu]:   dpkg --list | grep Altova

 [CentOS, RedHat]:   rpm -qa | grep server

 

LicenseServer がインストールされていない場合、以下のステップでインストールしてください。LicenseServer がインストールされていて、新しいバージョンをインストールしたい場合、以下のコマンドを使用して古いバージョンをアンインストールしてください:

 

 [Debian, Ubuntu]:   sudo dpkg --remove licenseserver

 [CentOS, RedHat]:   sudo rpm -e licenseserver

 

 

Altova LicenseServer のインストール

Linux システムでは、 LicenseServer は他の Altova サーバー製品と別途にインストールされる必要があり、 Altova サーバー製品のインストールパッケージには含まれていません。 Altova  Web サイト から Altova LicenseServer をダウンロードして、直接 Linux システムのディレクトリにパッケージをコピーします。

 

ディストリビューション

インストーラー

拡張子

Debian

.deb

Ubuntu

.deb

CentOS

.rpm

RedHat

.rpm

 

ターミナルウィンドウで、 Linux パッケージをコピーしたディレクトリに切り替えます。例えば (/home/User ディレクトリに存在する) 、MyAltova という名のユーザーディレクトリーにコピーした場合、 以下のように切り替えます:

 

 cd /home/User/MyAltova

 

以下のコマンドを使用して LicenseServer をインストールします:

 

 [Debian]:   sudo dpkg --install licenseserver-3.1-debian.deb

 [Ubuntu]:   sudo dpkg --install licenseserver-3.1-ubuntu.deb

 [CentOS]:   sudo rpm -ivh licenseserver-3.1-1.x86_64.rpm

 [RedHat]:   sudo rpm -ivh licenseserver-3.1-1.x86_64.rpm

 

LicenseServer パッケージは以下にインストールされます:/opt/Altova/LicenseServer/bin
LicenseServer を作動するために必要な権利を有する altovalicenseserver という名前のユーザーが作成されます。When LicenseServer がデーモンとして (または、サービスとして) 作動している場合、このユーザーとして開始されます。 (また、 (i) このユーザーが LicenseServer にアクセスすることができる特権を持つ新規のユーザーが作成されます。また、 (ii) (最大限の特権を有する) LicenseServer をルートユーザーとして開始します。上記のステップは以下の理由のため必須ではなく、奨励されません。 (i) 不利な点が存在します。 (ii) altovalicenseserver ユーザーには、 LicenseServer を作動するために必要とされる全ての権利を有しており、これは個別の専用のユーザーのためです)。

 

メモ:   LicenseServer を altovalicenseserver としてインタラクティブなモードで作動することもできます。CentOS 7 での例としては、以下のとおりデバッグを行うことができます: sudo runuser -l altovalicenseserver -c '/opt/Altova/LicenseServer/bin/licenseserver debug'。 インタラクティブなモードの不利な点は、ターミナルセッションが閉じられると LicenseServer が作動を中止することです。

 

 

LicenseServer を作動する際のバックグラウンド情報

以下の点について注意してください:

 

LicenseServer をデーモン (または、サービス) として作動することが奨励されます。インタラクティブなモードで LicenseServer を作動すると、ターミナルでのセッションが閉じられると作動が停止することに注意してください。
LicenseServer をデーモンとして作動する場合、LicenseServer を initctl または systemctl コマンドを使用して管理することが最善策です。これらのコマンドは、ルートユーザーの特権を持つ場合のみ実行することができます。 このため、非ルートユーザーとして作動している場合、ルートユーザー特権 (sudo initctl...sudo systemctl... )を一時的に取得するために sudo コマンドを使用してください。
LicenseServer がデーモンとして開始されると、(i) インストール時に LicenseServer インストーラーにより作成され、 (ii)  LicenseServer を作動するためのすべての権利を有する altovalicenseserver をユーザーとして自動的に作動します。 詳細に関しては、LicenseServer の開始を参照してください。

 

 

 

ライセンスの割り当ての方法に関する情報は、ライセンスの割り当て方法のセクションを参照してください。

 

LicenseServer と Altova 製品間のバージョンの互換性

Altova サーバー製品の新しいバージョンは、サーバー製品のリリース時に最新のバージョンである LicenseServer のバージョンによりのみライセンスを受けることができます。ですが、 Altova サーバー製品の古いバージョンは新しいバージョンの LicenseServer と作動することができます。

 

この結果、新しいバージョンの Altova サーバー製品をインストールする場合、現在の LicenseServer のバージョンが最新でない場合、この古い LicenseServer バージョンをアンインストールし、Altova Web サイトで利用可能な最新バージョンをインストールしてください。古いバージョンの LicenseServer の全ての登録およびライセンス情報は、アンインストール時にサーバーマシンのデータベースに保存され、新しいバージョンに自動的にインポートされます。

 

古いバージョンをアンインストール LicenseServer の新しいバージョンをインストールする場合、新規のバージョンがインストールされる前に、LicenseServer により古いバージョンが自動的にアンインストールされます。

 

現在インストールされている LicenseServer のバージョンは、 LicenseServer 構成ページ (全てのタブ)の下部に表示されます。

 

参照: LicenseServer の参照

 

サーバーマシンの再起動は必要ありません

LicenserServer がインストールされると、インストールされているマシンを再起動する必要はありません。LicensServer がサーバーマシン上のサービスとして開始されていることを確認してください (次のセクションを参照)。

 


(C) 2019 Altova GmbH