このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MobileTogether Designer

» このレベルの上のトピックは存在しません «

XPath/XQuery 式ビルダー

スクロール ホーム トップ その他

XPath 式の編集ダイアログ内の [ビルダー] ボタンがクリックされると、 (下のスクリーンショットを参照)  XPath 式の作成を助ける入力ヘルパーが表示されます。 これらの入力ヘルパーのエントリをダブルクリックして、現在 XPath 内でカーソルがポイントしている場所に入力します。

 

3 つの入力ヘルパーペイン:

 

XPath 式内に要素と属性ノードを挿入するためのスキーマツリー。 [絶対 XPath] チェックボックスがチェックされていない場合、選択されたノードのロケーション パスがコンテキストノードに対して相対して挿入されます (XPath 式が作成されているデザイン内のノード)。絶対 XPath 式は、ドキュメントのルートから開始されます。絶対パスは [絶対 XPath] チェックボックスがチェックされていると選択されたノードに対して使用されます。

入力ヘルパーペイン: (i) XPath 軸 (ancestor::、 parent::、など)、 (ii) 演算子 (例えば eqdiv)、 および (iii) 式 (for # in  # return #、など)。このペインは軸、演算子、および式をアルファベット順または機能別のカテゴリにグループ化して表示しています。ペインの上の適切なアイコンをクリックして必要なオプションを選択してください。

アクティブな XPath バージョンの機能付きの入力ヘルパーはアルファベット順または機能別のカテゴリにグループ化され表示されています。しています。 ペインの上の適切なアイコンをクリックして必要なオプションを選択してください。ペインの上の  n  および  t  ボタンは、それぞれ関数の名前空間とデータ型の引数を表示しています。

 

Click to expand/collapse

 

XPath 式の作成

XPath 式編集ダイアログは XPath 式を以下の方法で作成する手助けを行います。

 

コンテキストノードとスキーマツリー

[ターゲットXML 属性または要素を選択] ペイン の [コンテキスト] テキストボックスは、コンテキストノードをすぐに表示します。[コンテキスト] テキストボックスの下のスキーマツリーにより、コンテキストノードの発生場所を確認することができ、スキーマツリーを参照しつつ XPath 式を素早く作成することができます。

 

ターゲット XML ツリーからノードを挿入する

[ターゲットXML 属性または要素を選択] ペイン内でターゲット XML ドキュメントの構造が表示されます。スキーマツリー内のノードをダブルクリックして、 XPath 式にノードを挿入します。[絶対 XPath] チェックボックスがチェックされていない場合、 選択されたノードが、コンテキストノードに相対したロケーションパス式が挿入されます。例えば、上のスクリーンショットでは、(コンテキストノードである) Products 要素の子である、 Product 要素が コンテキストノードに対して相対するロケーションパスと共に挿入されます。 [絶対 XPath] チェックボックスがチェックされていると、Product ノードが $XML1/Products/Product として挿入されます。

 

XPath 軸、演算子、および式を挿入する

[ターゲットXML 属性または要素を選択] ペインは、 XPath 軸 (ancestor::、 parent::、など)、 (ii) 演算子 (例えば eqdiv)、 および (iii) 式 (for # in  # return #、など) を表示します。 (アイテムを機能別にグループ分けする)アルファベット順リストと階層リスト間で切り替えることができます。軸または演算子を XPath 式に挿入するには、必要とするアイテムをダブルクリックします。マウスのカーソルを軸/演算子/式にかざすとそのアイテムの短い説明が表示されます。

 

XPath 関数を挿入する

関数の選択ペインは XPath 式をアルファベット順または機能別にグループ化します。 (ペインの上の対応するアイコンをクリックして切り替えます)。各関数は、署名と共にリストされます。 関数が1つ以上の署名を持つ場合、その関数は署名の数だけリストされます。署名内の引数はコンマで区切られています。各引数は発生インジケータを持つことができます (? は指定された型のゼロまたは 1 つのアイテムのシーケンスを示します。 * は指定された型のゼロまたは複数のアイテムのシーケンスを示します。 + は、指定された型の 1 つ以上のアイテムのシーケンスを示します。) 引数は名前またはデータ型として表示されることができます。ペインの上の  n  および  t  ボタンを選択して、 2 つの表示オプション間を切り替えることができます。各関数は、その関数の戻り値の型を指定します。 例: => date ? は、期待されるデータ型がゼロまたは 1 つの date アイテムのシーケンスであることを意味します。マウスのカーソルを関数にかざすとのその関数の短い説明が表示されます。

DlgEditXPath_Function

XPath 式内に関数を挿入するには、必要な関数をダブルクリックします。

 

メモ:        XPath デフォルト名前空間は、拡張関数とユーザー定義関数を含む、すべての XPath/XQuery 関数で使用されています。

 

直接のテキスト入力中のインテリジェントな編集

式テキストボックスに直接入力する場合、その時点で使用することができるリストがポップアップで表示されます (下のスクリーンショットを参照)。

XPathDialogIntelliSense

以下のコンポーネントが含まれます:

 

要素(上のスクリーンショットに表示される presswatch など)、

子孫ノード (上のスクリーンショットに表示される presswatch/selection )、

XPath 関数 (上に表示される fn:upper-case ) および XPath 軸 (上に表示される ancestor-or-self)

プロジェクトのために定義された グローバル変数  ( $ 文字が式に入力されると表示されます)、

ローカライズダイアログ内で定義されたカスタム文字列のリスト (mt-load-string 関数が式に挿入されると表示されます。mt-load-string の 詳細を参照してください)。

 

[上へ][下へ] キーを使用してオプションのリストを上下に移動し、[Enter] を押して、オプションを選択して式に入力してください。

 

 

(C) 2019 Altova GmbH