静的なグローバル変数

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  XPath/XQuery: 式、関数、変数 > XPath/XQuery 式と関数 > グローバル変数 >

静的なグローバル変数

グローバル変数ダイアログで静的値の変数は、グローバル変数と呼ばれています。グローバル変数は、デバイスの種類とディメンションなどのモバイルデバイスの静的な情報を含んでいます。プロジェクトの実行中、静的な値変数は変更されません。静的値の変数はグローバル変数ダイアログ [プロジェクト | グローバル変数] に表示されます。ダイアログで、の列のヘッダーは、デバイス選択コンボ ボックスで選択されたモバイルデバイスを表示します。例えば、使用されているモバイルデバイスが Android デバイスの場合、変数 $MT_Androidtrue() の値を持ちます。 (デバイスの情報は、標準のモバイル通信の手順として、デバイスから送信されます)。

 

メモ:変数の完全なリストと詳細に関しては、 グローバル変数 ダイアログを参照してください。

 

Click to expand/collapseモバイルデバイスの種類を示す変数

説明

デバイスの種類を示す変数 (下のテーブル参照) のセットです。これらの変数は、条件付きデバイスの種類のアクションを指定するために使用されます。例えば: if ($MT_iOS=true()) then 'http://www.apple.com/' else 'http://www.altova.com'。クライアントデバイスに関する情報がデバイスから送信されたとします。特定のデバイスでソリューションが実行された場合、対応するグローバル変数が(下のテーブル参照) true()に設定されている場合、グループ内の他の変数は false()に設定されます。これらの変数は XPath/XQuery 式 で使用することができます。

 

MT_Android

true() | false()

MT_Browser

true() | false()

MT_iOS

true() | false()

MT_iPad

true() | false()

MT_Windows

true() | false()

MT_WindowsPhone

true() | false()

 

 

 

Click to expand/collapseデバイスの通信機能を示す変数

説明

これらの変数は、デバイスに携帯ショートメール (SMS) および電話通話のサービス機能の有無を示し、SMS または電話通話を開始する前に確認します。通信機能に関しての情報は、クライアントデバイスから受信されます。値はtrue() または false()です。

 

MT_SMSAvailable

true() | false() | "" (empty string)

MT_TelephonyAvailable

true() | false() | "" (empty string)

 

 

 

Click to expand/collapseデバイスの機能の可用性を示す変数

説明

これらの変数は、カメラのアプリケーションと位置情報トラッキングのモバイルデバイスでの可用性について示しています。イメージ作成位置情報に関連した、 または NFC に関連した アクションを開始する前にこれらを使用することができます。機能の可用性についての情報はクライアントデバイスから受信したものです。 値は true() または false() です。 (例えば、クライアントが Web ブラウザーである場合など) これらの関数が使用できない場合、変数は定義されません。

 

MT_CameraAvailable

true() | false() | undefined

MT_GeolocationAvailable

true() | false() | undefined

MT_NFCAvailable

true() | false() | undefined

 

 

 

Click to expand/collapseデバイスのディメンション(寸法)と解像度を含む変数

説明

デバイスの高さと幅の値がピクセル値としてこれらの変数に表示されます。解像度は ppi ( ピクセルズ パー インチ) の単位で示され、 X と Y のディメンションで表示されます。 iOS デバイスでは解像度は設定されていませんので、 iOS デバイスの $MT_DPIX$MT_DPIY は空白です。

 

MT_DeviceHeight

ピクセルで表示される長さ

MT_DeviceWidth

ピクセルで表示される長さ

MT_DPIX

ピクセルズ パー インチで示される横長の画素密度

MT_DPIY

ピクセルズ パー インチで示される縦長の画素密度

 

Click to expand/collapseデバイスの要素のデフォルトの色を含む変数

説明

ページおよび[ページ] コントロールの一部では、デバイスにより異なるデフォルトの色が設定されています。デフォルトの色を確認することは、ページのデザインに役に立ちます。例えば、ラベルの背景色は、デバイスのデフォルトのテキストの色に対応して設定することができます: if ($MT_LabelTextColor = '#000000') then '#FFFFFF' else '#000000'。クライアント デバイスから受け取ったデフォルトの色は 16 進数の値です。例: #336699#ffaaff

 

MT_ButtonBackgroundColor

ボタンの背景色; 16 進数の値、例: #ffaaff

MT_ButtonTextColor

ボタンのテキストの色; 16 進数の値、例: #336699

MT_EditFieldBackgroundColor

編集フィールドの背景色; 16 進数の値、例: #ffaaff

MT_EditFieldTextColor

編集フィールドの背景色; 16 進数の値、例: #ffaaff

MT_LabelBackgroundColor

ラベルの背景色; 16 進数の値、例: #ffaaff

MT_LabelTextColor

ラベルの色; 16 進数の値、例: #336699

MT_PageBackgroundColor

ページの背景色; 16 進数の値、例: #ffaaff

 

 

 

Click to expand/collapseその他

クライアントデバイスの言語

 

パラメーター値は、ソリューションが開始されるとソリューションにパスされます。これらの値は MT_InputParameters 変数に保管されます。 ソリューションのハイパーリンクがクリックされるとパラメーター値はソリューションにパスされます。ハイパーリンクの URL にパラメーター値が含まれるクエリ文字列が存在する場合、これらは、リンクがクリックされソリューションが開始されると、ソリューションにパスされます。 MT_InputParameters 変数はパラメーター値を文字列値アイテムのシーケンスとして保ちます。 単一のパラメーターの値を取得するには、シーケンス内のパラメーターのインデックス位置を知る必要があります。 この後、 XPath ロケータ式内のこの位置を使用することができます。例: $MT-InputParameters[1]ハイパーリンクと MT_InputParameters 変数の詳細に関しては、次を参照してください: ソリューションへのハイパーリンク

 

現在のソリューションが AppStore App として実行されているかを示します。許可されている値は true() または false() です。デフォルトの値は false()です。

 

現在のソリューションが Web ページ内の埋め込み を実行しているかを示します。 許可されている値は true() または false()です。 デフォルトの値は false()です。

 

下のテーブルにリストされる値を使用して、どのようなシミュレーションが現在実行されているのか表示します。空のシーケンス値は、シミュレーションではなく、ソシューションが実際のエンドユーザーのシナリオを実行していることを示します。 $MT_SimulationMode はとても便利です。例えば、現在実行されているシミュレーション(または実際の用途)別に条件付きの処理を行いたい場合などです。詳細に関してはシミュレーションのセクションを参照してください。

 

"designer"

デザイナーで直接シミュレーションを実行する

"designer-server"

シミュレーションをスタンドアロンサーバーで実行する

"designer-client"

シミュレーションをクライアントでトライアルランする

()

サーバーからクライアント/ブラウザー、エンドユーザーによる実行

 

MobileTogether Server にログインする名前。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH