動的なローカル変数

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  XPath/XQuery: 式、関数、変数 > XPath/XQuery 式と関数 > グローバル変数 >

動的なローカル変数

グローバル変数ダイアログで動的値の変数はローカル変数と呼ばれています。 ローカル変数はデバイスに関連した、およびプロジェクトに関連した情報を含み、プロジェクト実行中に変更できます。例えば、デバイスの向き変数は、ユーザーがデバイスを持つ現在の向きにより変化します (下のデバイスの向き変数の説明を参照)。

 

現在のコントロール (下部参照) の情報を含む変数は、現在使用されているコントロールおよびノードの異なるアスペクトを参照するために使用できるため特に役に立ちます。現在のコントロールとノードを識別できることにより、条件付きの処理を行うことができます。 例えば、 $MT_ControlNode 変数はどのノードがプロジェクト実行時に現在のノードかテストする際に使用でき、また、これを基に他のノードを探すこともできます。 $MT_ControlValue 変数は現在のコントロールに関連したノードの内容を含んでいます。

 

メモ:変数の完全なリストと詳細に関しては、 グローバル変数 ダイアログを参照してください。

 

Click to expand/collapseデバイスの向きを示す変数

説明

MT_PortraitMT_Landscape の値は true() または false() と設定でき、プロジェクトの実行中に変更することができます。デバイスの向きに合わせ、ページまたはコントロールのプロパティを変更する際に使用することができます。

 

MT_Portrait

true() | false()

MT_Landscape

true() | false()

 

 

 

Click to expand/collapseデバイスのビューポートとディメンションを示す変数

説明

つの変数はそれぞれデバイスのビューポートの幅 (X ディメンション) と高さ (Y ディメンション) を示します。ビューポートはデザインコンポーネントが描かれるスクリーンのエリアです。ボタンのある上または下のバーを除いたスクリーンのエリアです。 Web ブラウザークライアントでは、 $MT_CanvasX$MT_CanvasY 変数は MobileTogether Client アプリが表示されるカンバスのディメンションを与えます。 (これは、ブラウザーウィンドウのディメンションからタイトルバー、リボン、ステータスバーおよび他のサイドバーを引いた数値です)。これらの変数の値は、ピクセルの値で、( MT_DeviceHeightMT_DeviceWidth によりそれぞれ返される)デバイスの高さと幅ディメンションより小さくなくてはなりません。iOS デバイスについてのポイントとピクセルを参照してください。

 

MT_CanvasX

ピクセルで表示される長さ

MT_CanvasY

ピクセルで表示される長さ

 

長さを定義するプロパティのためのピクセルの値を入力すると、 iOS デバイスで表示する際には、これらの値は、ビューポート座標スペース内でポイントとして読み込まれます。 ビューポート座標スペースは、デザインコンポーネントが描かれ、ポイントがこのスペース内で長さの単位として使用されているカンバスです。ここで使用されるポイントとは、一インチの 1/72 に等しい単位ではありません。iOS デバイスは自動的に ビューポイント座標スペースポイントデバイス座標スペース内のピクセルに自動的にマップします。iOS デバイスの解像度、または、使用されるユニットに関わらず、 (ビューポート値からデバイスの値に) 値をこのようにマップすることにより、デザインコンポーネントは、両方のキャンバスに対して同じリレーションシップを同じサイズで保つことができます。

 

MobileTogether Designer では、$MT_CanvasX$MT_CanvasY 動的変数を使用して、現在のビューポート(キャンバス) を確認し、これらのディメンションに相対的な長さを取得することができます。 (iOS デバイスのためには、これらの変数により返される値は、次の通りです:  (適切な変換の要素を使用して)現在のデバイス座標スペースピクセル ディメンションは、ビューポート座標スペース内で値を示すために変換されます。これらのポイントはデザイン内で表示されるためにピクセルとして数値で変数により返されます)。例えば、イメージをビューポートの幅の半分にする場合、 $MT_CanvasX * 0.5 に同等のピクセルセルを与えます。このイメージの幅のための XPath 式 は concat($MT_CanvasX * 0.5, 'px') です。

 

 

Click to expand/collapse (Windows アプリとブラウザー内の)サイズ変更することのできるウィンドウのサイズを含む変数

説明

これらの変数は Web ブラウザーと Windows アプリデバイスのみに適用することができます。 ユーザーは(デスクトップアプリ内でウィンドウのサイズが変更できることと同様)ブラウザーウィンドウと Windows RT デバイスのアプリウィンドウのサイズを変更することができます。 $MT_WindowHeight$MT_WindowWidth 変数は、 MobileTogether Client アプリが実行されるウィンドウの高さと幅を有します。ブラウザー内では、これらの変数はブラウザーウィンドウの高さと幅を与えます。 (ブラウザー内では、$MT_CanvasX$MT_CanvasY 変数により与えられる(ブラウザーウィンドウのディメンションからタイトルバー、リボン、ステータスバーとサイドバーを引いた値である) MobileTogether Client アプリのカンバスが表示されます  )

 

MT_WindowHeight

ピクセルで表示される長さの値

MT_WindowWidth

ピクセルで表示される長さの値

 

 

 

Click to expand/collapse現在のコントロールについての情報を含む変数

説明

説明

これらの変数は現在のコントロールと関連したページソースノード(コントロールのソースノード)に関連した情報を含みます。これらの変数の値は、現在処理されているコントロールにより変化します。例えば、 $MT_ControlNode 変数は、関連したノードが変更すると現在のコントロールが変更されため異なる値を持ちます。(スペースおよび水平線コントロールなどの、コントロールの一部は、ソースノードを持ちませんが、チャート コントロールなどの他のコントロールは 関連したノードのコンテンツとして XML 値を持つことに注意してください。)

 

$MT_ControlNode 変数は、ソースツリーノードへのポインターです。以下のようなテストのために使用することができます: $MT_ControlNode/localname()="first".

 

これらの変数は、コントロールの値に基づいてコントロールのプロパティを変更する際に役に立ちます。例えば、エラー発生時、 $MT_ControlValue 変数はラベルの背景色を赤に変更する際に使用できます: if ($MT_ControlValue = 'NaN') then '#FF0000' else '#FFFFFF'

 

 

MT_ControlKind

文字列の値

MT_ControlName

文字列の値

MT_ControlNode

コントロールのソースノードである XML ノード

MT_ControlValue

コントロールのページソースリンクノードの値

MT_ControlValueBeforeChange

コントロールのページソースリンクノードの前の値、ノードまたはノードが編集される前の値

 

メモ: $MT_ControlValue 変数は、コントロールVisible可視、 XPath から値を取得 および テキストプロパティの値の生成には使用することができません。 これらのプロパティの値のために使用される場合、検証エラーが生じます。

 

 

 

hmtoggle_arrow0        その他

この変数はオーディオの再生イベントのために定義されたアクション内でのみ使用することができます。イベントをトリガー下オーディオのチャンネルの番号 (1 から 5) である整数を有します。

 

DB 実行アクションの最後の実行の XML 結果。DB 実行アクションにはすべての SQL ステートメントが使用できます。ですから、アクションの実行は、 DB空のデータ、 ブール値、計算の結果などを含む多種の XML データを取得することができます。

 

現在のワークフローの実行中に page がロードされる初回の場合、true() に設定する。

 

最後に実行された SOAP リクエストの実行 または REST リクエストの実行の XML  結果。

 

この変数はサーバーの接続エラー時 イベントをトリガーしたアクションスタックを含む文字列のシーケンスです。アクション名を変更することができるため、この編集はデバッグのみに使用されることが奨励されます。

 

動的な列を含むテーブルが生成されると、この変数には、現在の列のコンテキストノードが含まれます。これは動的な行および動的な列を含むテーブルと作業する場合必要不可欠です。このようなテーブルでは、セルのコンテンツが動的な行に関連した要素のコンテキスト内で定義されます。行コンテキスト内では、MT_TableColumnContext 変数が使用され、現在の列と関連する要素が検索されます。この変数の使用例に関しては、次のセクションを参照してください: 「テーブル | 動的な列」

 

この変数は ノードの更新ノードの挿入、または ノードの追加 アクションのターゲット ノードを識別します。この変数は、更新された値、および、新しいノード プロパティをターゲット ノードに応じて生成するために使用することができます。どの様に変数を使用することができるのかそれぞれのアクションの説明を参照してください。 $MT_TargetNodeDB 実行 アクションおよび ロード時に存在することを確認 (XPath) コマンドにも使用することができます。

 

現在ログインしているユーザーのロールです。ロールは MobileTogether Server 管理者によりユーザーに割り当てられ、MobileTogether Server から取得することができます。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH