位置情報の共有

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  チュートリアル >

位置情報の共有

このチュートリアルは以下について説明します:

 

モバイルデバイスの現在の位置情報データを読み込み、このデータをデザインの $MT_GEOLOCATION ツリーにこのデータを書き込む方法。
モバイルデバイス内で位置情報データを表示するために、 $MT_GEOLOCATION ツリーにアクセスする方法。
デバイスのメッセージとソシアルネットワーキングアプリを使用して連絡先と位置情報データを共有する方法。
エラー発生時に例外をスローして、この例外を表示する方法。

 

ソリューションが表示する項目と表示しない項目

下のスクリーンショットは MobileTogether Designer 内のデザインのシミュレーションを表示しています。デザインの機能は2つのボタンによりアクセスすることができます:

 

Send: デバイスの位置情報のトラッキングを開始し、 $MT_GEOLOCATION ツリーに位置情報データを書き込みます。また、主な位置情報アイテムをソリューションに書き込み、デバイスの共有メニューを開きます。
Try/Catch/Throw: 位置情報の座標が米国外の場合、警告メッセージを表示します。

MTDTutGeolocSoln01

 

チュートリアルファイル

このチュートリアルのファイルは(マイ) ドキュメントの  MobileTogether フォルダーにあります: MobileTogetherDesignerExamples\Tutorials\Geolocations

 

SharingGeolocations.mtd: これは、完成された MobileTogether デザインファイルです。このファイルを開き、このチュートリアルを実行中に参照してください。 MobileTogether Designer 内のシミュレーションは [F5] を押すことにより行うことができます。
LondonLocations.xml: これは、ロンドンのロケーションの位置情報データを含む XML データファイルです。シミュレーションは、デスクトップで行われるため、このファイルをモバイルデバイスの位置情報データのために使用します。

 

デザインファイル内のパスを使用することができ、 XML データファイルはサーバーにデプロイされていません。ですから、これら2つのファイルをフォルダーにコピーすることにより、 MobileTogether Designer 内で正確にシミュレーションを行うことができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH