データ ファイルをデフォルト ファイルとして設定

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  チュートリアル > クイックスタート (パート2) >

データ ファイルをデフォルト ファイルとして設定

このパートでは以下を行います:

 

ページソースのデフォルトのファイルの指定
シミュレーションの実行

 

 

click to expand/collapseこのセクションのボタン

icAdditionalDialog

追加ダイアログ

 

 

ページ ソースのデフォルトのファイルの指定

ページソースに入るデータはページソースのデフォルト ファイルを選択することで指定できます。以下を行います :

 

1. $XML1 デフォルトファイル(下のスクリーンショット) の [追加ダイアログ] ボタンをクリックします。

MTDQS02SetDefaultFile01

2.サーバーと[絶対/相対 Path] を選択して、ファイル AltovaProducts.xml を参照します。

MTDQS02SetDefaultFile02

 

3.[OK] ファイルがデフォルトファイルとして追加され、データはページソースツリーを作成します。
4.[ページ | ページアクション] をクリックしてページ アクション ダイアログを開きます。
5.ページのロード時 タブで、[ファイル エントリからロード]を選択して削除します。これは、 AltovaProducts.xml ファイルがページの唯一のページソースのデフォルトのファイルとして指定されているため、 ファイルからロード アクションが重複するからです。 
6.デフォルトのファイルが使用されているか確認するためシミュレーションを実行します。

 


(C) 2019 Altova GmbH