シミュレーションの実行

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  チュートリアル > クイックスタート (パート1) >

シミュレーションの実行

MobileTogether Designer 内で直接プロジェクトワークフローのシミュレーションを実行することができます。シミュレーション デバイスはメイン ツールバーのプレビュー デバイス コンボ ボックスで現在選択されているデバイスです。異なるデバイスでシミュレーションを確認するためプレビューデバイスを変更することができます。シミュレーションを実行するには [プロジェクト | ワークフローのシミュレーション] または [F5] を選択します。これによりシミュレーターを開きシミュレーションが開始します。

MTDQS01Simulator01

Product のデフォルトの値が xmlspy に設定されているため、XMLSpy スプラッシュスクリーンが表示されます。$XML1 ノード (下のスクリーンショット) を展開すると、右の ページソース ペイン に表示されます。

MTDQS01Simulator04

シミュレーションでは、ドロップダウン リストを表示するためコンボ ボックスをクリックします(下のスクリーンショット)。

MTDQS01Simulator02

リストから製品を選択するとイメージと Product ノードの値が変更されることが確認できます。 ([セット] を押して選択を確認する必要があります。 )

MTDQS01Simulator03

終了すると [閉じる] または [Esc] を押して、シミュレーターを閉じます。

 

 

サーバーシミュレーションの実行

MobileTogether Server の [プロジェクト | ワークフローのシミュレーションにサーバーを使用]を使用してサーバー シミュレーションを行うことができます。MobileTogether Server の Web UI の([設定 | サーバー側ソリューション作業ディレクトリ ] によりソリューションの作業ディレクトリを設定します。 下のスクリーンショット参照)。デザインのすべての相対パスはこの設定で指定されたディレクトリに相対して解決されます。サーバー シミュレーションが正しく作動するためには、レファレンス ファイルが保存されているディレクトリのパスを入力します。スクリーンショット(C:\MobileTogether\) で表示されているディレクトリの設定は、 (デザイン内の相対イメージがイメージファイルとデザインが同じディレクトリに存在するよう指定するため) デザインとイメージファイルがフォルダー C:\MobileTogether\に存在しなくてはならないことを意味します。

MTSSetSolutionsWorkingDir

 


(C) 2019 Altova GmbH