レコードの追加と編集

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  チュートリアル >

レコードの追加と編集

このチュートリアルの目的は以下のとおりです:

 

顧客の記録をカスタマー データベースに追加する
データベース内のレコードを編集する

MTDAERSim01

 

デザインのプラン

デザインは以下のとおり構成されています:

 

XML ページソース が使用されます。 $PERSISTENT ツリーは、カスタマー データベースを保管するために使用されます。 $EDIT ツリーは、現在編集されている1つのレコード (Customer 要素) を保管するために使用されます。
$EDIT/Customer 要素は、 「新規を追加」 ボタンがクリックされると作成されます。
「保存」 ボタン がクリックされると、$EDIT/Customer 要素が $PERSISTENT ツリーの最後の要素として追加されます。 レコードは、(記録が後に新規として追加、または、編集のために使用できるようにロードされ) $EDIT ツリー から削除されます。 .
カスタマー データベースは、 $PERSISTENT ツリー内で Customer 要素を表示するテーブルとして表示されます (上のスクリーンショットを参照してください).
カスタマー データベース内のレコードのフィールドがクリックされると、編集を実行する $EDIT ツリー内に記録がロードされます。
記録がこのように編集された後、「保存」 ボタンがクリックされると、レコードは、 $PERSISTENT ツリーの元の場所に保存されます。

 

チュートリアルファイル

完成したチュートリアルファイルは マイドキュメント MobileTogether フォルダー: MobileTogetherDesignerExamples\Tutorials\AddEditRecords\AddAndEditRecords.mtd 内にあります。このチュートリアルを読みながら、このファイルを開きデザインの設定をチェックしてください。

 


(C) 2019 Altova GmbH