クライアントとサーバー間のインタラクション

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  プロジェクト >

クライアントとサーバー間のインタラクション

このトピックでは、 クライアント デバイス と MobileTogether Server 間のインタラクションのレベルを決定する機能と設定について説明されています。

 

MobileTogether Client アプリ または MobileTogether AppStore App

まず、プロジェクトが MobileTogether Client アプリ のためのソリューションとして、 MobileTogether Server に配布されるか、または MobileTogether AppStore App のためのソリューションとして配布されるかを決定します:

 

エンドユーザーはアプリストアから MobileTogether Client アプリをダウンロードすることができます。エンドユーザー デバイスでは、 MobileTogether Client は、1つまたは複数の MobileTogether Server にアクセスできるように構成されています。 セキュリティの設定により、サーバーに匿名、または、パスワードを使用するユーザーログインによりアクセスすることができます。 エンドユーザーは、サーバーの構成とアクセスの詳細に関する情報が必要です。 エンドユーザーがサーバー上のフォルダーへのアクセスを許可されると、フォルダーのソリューションとしてデプロイされている、MobileTogether プロジェクトにエンドユーザーはアクセスすることができます。 MobileTogether Server の管理者によりアクセスに関する権限は管理されています。詳細に関しては、次を参照してください: MobileTogether Server ドキュメント
MobileTogether AppStore App は、他方、スサーバー上に存在する単一のソリューションに特化したタンドアロンのアプリです。 AppStore App は、アプリストアからダウンロードされ、エンドユーザーのデバイスから直接開始することができます。MobileTogether Client が、この種類のアプリを実行するためにインストールされている必要はありません。しかしながら、ソリューションにアクセスするために、適切な MobileTogether Server への接続が必要になります。 アプリには、サーバー上のソリューションと接続するためのキーが含まれています。サーバーとのインタラクションは、ですから、サーバーアクセス 設定の値により異なります。 詳細に関しては、次を参照してください: AppStore App

 

プロジェクトのサーバーアクセス 設定

プロジェクトの サーバーアクセス 設定は、ソリューションの実行中にサーバーアクセスのレベルを指定します。  3つのオプションから選択することができます: 「常に」、「オンデマンド」、 と 「無し」。適切なオプションをサーバー上のリソースの種類に従い、ソリューションの必要に従い選択します。「無し」 オプションが選択されると、1度サーバーへの接続が作成されると、サーバーにアクセスすることはできません。 設定の詳細に関しては、次を参照してください: プロジェクトプロパティ

 

 

MobileTogether Client のための匿名 ログイン

MobileTogether Client アプリが、 MobileTogether Server に接続されると、エンドユーザーは、サーバーに識別されているユーザー、または、匿名でログインすることができます。ユーザーとしてログインするには、 MobileTogether Server により識別されているユーザー名とパスワードが使用される必要があります。 または、サーバー管理者は、 MobileTogether Server を構成して、匿名のログインに対してフォルダーへのアクセスを許可することができます。 詳細に関しては、次を参照してください: MobileTogether Server ドキュメント

 


(C) 2019 Altova GmbH