テーブルのコンテキストメニュー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  デザインオブジェクト/機能 > テーブル >

テーブルのコンテキストメニュー

すべてのテーブルの (静的繰り返し動的な行 および/または 動的な列 が存在するテーブル) コンテキストメニューには同じコマンドがあります (下のスクリーンショット参照)。 これらのコマンドにより、テーブル作成後のテーブルの構造を変更することができます。

MTDTableContextMenu

 

行/列の追加と削除

行列の追加または削除コマンドの上をポイントすると、現在選択されたセルに関連した行/列を挿入/追加することのできるコマンド付きサブメニューが表示されます (下のスクリーンショット) 。この方法で追加される行と列は静的です。 これは、 例えば、1つの静的な行がデザインに追加されると、出力内に静的な行が結果として表示されます。もちろん、繰り返し構造内に行が追加された場合、静的な行も繰り返されます。

 

現在選択されている 行/列 を削除することもできます。

MTDTableContextMenuColsRows

これらのコマンドは、テーブルの行または列(静的繰り返し動的な行 および/または 動的な列 が存在するテーブル)が選択されると使用することができます。

 

結合と分割

結合と分割コマンドの上をポイントすると、現在選択されたセルと隣接したセルを結合することのできるコマンド付きサブメニューが表示されます (下のスクリーンショット) 。現在選択されているセルを左右に並べて、または上下に並べて分割することができます。これらのコマンドはすべてのテーブルの行または列 (静的繰り返し動的な行 および/または 動的な列 が存在するテーブル)が選択されると使用することができます。

MTDTableContextMenuJoinSplit

 

動的または繰り返しテーブル

動的または繰り返しテーブルコマンドの上をポイントすると、以下を行うことのできるコマンド付きサブメニューが表示されます (下のスクリーンショット)

MTDTableContextMenuDynRepeating

サブメニューには、以下をおこなうことのできるコマンドが含まれています:

 

表示されるテーブル (繰り返し テーブルと 動的な行 が存在するテーブル)に自動的に追加/削除コントロールが追加されることを指定します。
(動的な行 が存在するテーブル)にヘッダー/フッター を挿入または削除します。 (動的な列が存在するテーブル)に行頭/文末列を挿入または削除します。
選択された行が動的な繰り返し行ではない場合、繰り返し行に変換します。
選択された行が動的な繰り返し行である場合、静的な行に変換します。
選択された列が動的な繰り返し列ではない場合、繰り返し列に変換します。
選択されたれ地が動的な繰り返し列である場合、静的な列に変換します。
繰り返し静的 のテーブルの型を変換します(静的 テーブルの行と列をそれぞれ、繰り返し行と繰り返し列に変換することができることに注意してください)。

 

テーブルの削除

選択されたテーブルを削除します。

 


(C) 2019 Altova GmbH