リッチテキスト コントロール

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  デザインオブジェクト/機能 > リッチテキスト >

リッチテキスト コントロール

デザイン内でリッチテキストを有効化する最初のステップは、ページ内のテキストを表示する箇所にリッチテキストコントロールを追加することです。コントロールを以下のようにセットアップします。

 

1.リッチテキストコントロール をページにドラッグアンドドロップします (下のスクリーンショット参照)。
2.リッチテキストを含むページソースの 「ルート要素」 をコントロールにドラッグアンドドロップします (コントロールのページソースリンクは、ページソースのルート要素である必要があり、コントロールは属性、または、ルート要素以外の要素にリンクすることができません)。 例えば、下のスクリーンショットでは、 コントロール は、要素 textSample である $XML1 のルート要素にリンクされています(表示するリッチテキストはこの XML ページソース内に保管されています)。

MTActionRichTextAdd

3.リッチテキスト スタイルシート ダイアログ「プロジェクト | リッチテキスト スタイルシート メニューコマンドを使用して開き、新規のスタイルシートを作成します。プロジェクトのために複数のスタイルシートを定義することができます。 これにより、異なるスタイルシートを異なるリッチテキスト コントロールに割り当てることができます。 スタイルシートのセットアップの方法は、リッチテキスト スタイルシートのセクションで説明されています。
4.スタイルシートを作成すると、リッチテキストスタイルシートプロパティを使用して、デザイン内でリッチテキスト コントロール を選択し、コントロールにスタイルシートを割り当てます。各 リッチテキスト コントロール には1度に1つのスタイルシートのみしか割り当てることはできません。

 

メモ:コントロールの リッチテキストの高さ プロパティを使用してコントロールの高さを設定することができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH