イメージ ソース

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  デザインオブジェクト/機能 > イメージ >

イメージ ソース

以下の種類のイメージソースをページデザインで使用することができます:

 

PNGBMP、 JPG などの、イメージファイルのよく使う形式。イメージファイルの URL を参照するバイナリファイルソース追記イメージ。
イメージのテキストエンコードである Base 64 エンコード 文字列。 Base 64 エンコード を持つイメージは、 XPath 式を介して Base 64 エンコード 文字列にアクセスします。XPath 式は、通常 Base64 文字列を含むノードを返します。 MobileTogether は、 Base64 文字列を読み込み、文字列からエンコードされたイメージを生成します。

 

デザインにイメージを挿入する

デザインにイメージを挿入するには、以下を行います:

 

1.[イメージ] コントロール をデザインにドロップします。
2.[スタイル & プロパティ] ペインで、イメージ プロパティである[イメージ ソースの種類] を、挿入されるイメージの種類に一致させるために URL  または Base64 に設定します。このプロパティのデフォルトの設定は URL です。
3.[イメージ ソース] プロパティのイメージを指定します。イメージファイルが参照される場合は、 URL を指定します。 Base 64 エンコード イメージが参照される場合、[イメージ ソース]の XPath 式を使用して、 Base64 文字列を与えるか、または Base64 文字列を含むノードを与えます。両方のソースの種類 (URL または Base64) には、プロパティの値を指定する代替方法があることに注意してください: (i) [イメージ ソース] プロパティを選択して、[ページ ソース] ペインの XPath ツールバーボタンをクリックし、 URL または Base64 文字列を評価する XPath 式を入力します; (ii) URL または Base64 文字列を含む XML ノードを [ページ ソース] ペイン から [イメージ] コントロールにドロップします。

 

メモ:イメージソースが変更するたびに、 (例えばユーザーの選択により)、 イメージの [再ロード] アクション が新しいイメージを表示するために必要になります。

 

URL を介してイメージファイルを挿入する

ブラウズしてイメージファイルを挿入、またはグローバルリソースから選択します。詳細は、 [イメージ ソース] プロパティを参照してください。 URL を使用して挿入する例は、クイック スタート チュートリアルを参照してください。

 

デザインファイルで URL をソースにしたイメージを埋め込む

イメージが (Base 64 エンコード イメージとしてではなく) URL から提供される場合、イメージはデザインファイルに埋め込まれることができます。 [イメージ] コントロール[イメージを埋め込む] プロパティを使用します。このプロパティが true と設定される場合、イメージは Base64 エンコードに変換され、デザインファイルに埋め込まれます。

 

 

Base 64 エンコード イメージの挿入

イメージが Base64 テキストとしてエンコードされると、 XML 要素ノードのテキストコンテンツとして保管されることができます。この結果、データ送信しやすくなり、そのメタデータを簡単に解析および取得することができます。下のリストでは、 Base 64 エンコード イメージが <png> 要素のコンテンツです。

 

<images><png>iVBORw0KGgoAAAANSUhEU...</png></images>

 

Base 64 エンコード イメージを挿入するには、[イメージ ソース]プロパティの XPath 式はイメージの Base 64 エンコード のテキスト文字列を解決しなければなりません。イメージの Base 64 エンコード を含む XML ノードを [ページ ソース] ペイン から [イメージ] コントロールドロップすることができます。

 

Base 64 エンコード イメージの使用方法の例に関しては、次のセクションの Base64 エンコード イメージを参照してください。

 


(C) 2019 Altova GmbH