イメージ

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  デザインオブジェクト/機能 >

イメージ

デザイナーとエンドユーザー両方がイメージをデザインに追加することができ、イメージは URL を使用して、または Base64 エンコード テキストとして XML ファイルに保管することができます。イメージ機能のベースは、イメージをデザインに置き、イメージの基本プロパティを設定するイメージ コントロールにより提供されます。主要なメカニズムと使用方法は、このセクションのサブセクションに説明されています。

 

イメージ ソース は、表示するイメージを選択するイメージ コントロールのプロパティです。このセクションでは使用することのできる 2 つの種類のイメージソースについて説明されています: (i)  URL によりロケートされたイメージ ファイル および (ii) Base64 エンコード文字列としてのイメージ。
Base64 エンコード イメージ では、 Base64 エンコード イメージをどのようにしてデザインで使用するかについて説明されています。
エクスチェンジャブル イメージ ファイル フォーマット (Exif) は、イメージ付きメタデータの保管のためのフォーマットです。このセクションでは、個別の Exif データが取得されどのようにしてデザイン内で使用できるかが説明されています。
エンドユーザーにより選択されたイメージ では、 MobileTogether ソリューションのエンド ユーザーが選択するイメージがデータベースに保管されるメカニズムについて説明されています。これらのイメージはイメージ ファイルまたは Base64 エンコード文字列として保管されることができます。
イメージの変換 では、(例えば、イメージのサイズ変更や回転など) どのようにしてBase64 イメージを変換するかについて、また (クライアントでの Exif データおよびメモリ損失などの問題など) 変換に関連する問題について説明されています。
データベースのイメージ では、どのようにしてイメージがデータベースで保管されるかについて説明されています。

 

これらのメカニズムは、パワフルなイメージ アクションイメージに関連した Altova XPath 拡張機能により有効化されています。

 


(C) 2019 Altova GmbH