チャート データの選択

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  デザインオブジェクト/機能 > チャート >

チャート データの選択

このトピックは、チャートデータの選択がどのように作動するか説明する簡単な例を含みます。

 

Click to expand/collapse listingこのサンプルで使用される XML ファイル: YearlySales.xml

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<Data xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" 

      xsi:noNamespaceSchemaLocation="YearlySales.xsd">

 <ChartType>Pie Chart 2D</ChartType>

 <Region id="Americas">

         <Year id="2005">30000</Year>

         <Year id="2006">90000</Year>

         <Year id="2007">120000</Year>

         <Year id="2008">180000</Year>

         <Year id="2009">140000</Year>

         <Year id="2010">100000</Year>

 </Region>

 <Region id="Europe">

         <Year id="2005">50000</Year>

         <Year id="2006">60000</Year>

         <Year id="2007">80000</Year>

         <Year id="2008">100000</Year>

         <Year id="2009">95000</Year>

         <Year id="2010">80000</Year>

 </Region>

 <Region id="Asia">

         <Year id="2005">10000</Year>

         <Year id="2006">25000</Year>

         <Year id="2007">70000</Year>

         <Year id="2008">110000</Year>

         <Year id="2009">125000</Year>

         <Year id="2010">150000</Year>

 </Region>

</Data>

 

4 つの XPath 式を使用したチャートデータの選択

下のスクリーンショットは [チャート構成] ダイアログ を表示しています。ペインの下に、データ選択のための 4 つの XPath 式を入力するための [チャート データ セレクター] ペインがあります。

ChartsSimpleChartsXPaths

[チャート データ セレクター] ペイン内の 4 つの XPath 式は共に作動し、次を行います:

 

XPath

説明

For-Each

他の 3 つの XPath 式のコンテキストを設定する。
X-軸の目盛の数として返されたシーケンスのアイテムの数を設定します。
上のスクリーンショットの場合、 Region[1]/Year 式は 6 つのノードアイテムを返します。ですから、 X-軸には 6 つの目盛があります(下のスクリーンショット)。

X-軸

返されたシーケンスのアイテムは、 X-軸の目盛に対応したラベルテキストを与えます。
上の例では、 @id 式は、 Year 要素の各 id 属性の値を返します。これらの値は対応する目盛のラベルとなります (下のスクリーンショット)。
棒グラフと指定したので、棒が目盛に作成されます。

Y-軸

Y-軸 は、 Y-軸のテーブルの行で定義された複数の系列を表示することができます。
2 つの XPath 式(系列の値と系列の名前)により各系列は定義されます。
例では、 self::node() XPath 式 (ピリオドで省略されたフォーム)は、コンテキストノードである Year 要素である現在のノードを選択します。 ( X-軸の棒で表示される) 各 Year 要素のために、 Year 要素のコンテンツが、その年の Y-軸の値として、として読み込まれ、棒の高さとして表示されます (下のスクリーンショット参照)。更に下のスクリーンショットは、 Y-軸の複数の系列のチャートを表示しています。

系列名

この式は、系列の凡例のテキストを提供します。例では、(チャートの下に表示される、下のスクリーンショット) 凡例のテキストはテキスト文字列である XPath 式から取得されます (上のスクリーンショット参照)。

 

上のスクリーンショットで表示されるデータの選択と YearlySales.xml の XML データにより生成されたチャートは、次のスクリーンショットで表示されるチャートのようになります。

ChartsSimple01

上のスクリーンショットは、単一系列の棒グラフを表示しています。下のスクリーンショットは、複数の系列の棒グラフを表示しています。 後者の例の場合、各系列の値は棒にスタックされています。

ChartsSimple02

このチャートの XPath 式は下のスクリーンショットに表示されています。

ChartsSimpleChartsXPaths02

メモ:円グラフおよびゲージ チャートには、名前を必要としない単一の系列があります。 系列名がデータの選択に入力されると、系列名は無視されます。 しかし、グループ化されていない棒グラフでは、単一系列の名前が存在する場合、凡例に使用されます。 ゲージ チャートに関しては、系列名エントリが無視されることに加え、 X-軸データの選択も無視され、 Y-軸の選択のみがゲージ チャートに使用されます。

 


(C) 2019 Altova GmbH