グローバル変数

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  メニュー コマンド > プロジェクト >

グローバル変数

hmtoggle_plus1アイコン

ic_GlobalVariables

 

hmtoggle_plus1説明

[グローバル変数] ダイアログを開く (下のスクリーンショット)。XPath または XQuery などのデザイナーのプログラミング コンテキストでプロジェクト内でグローバル変数を使用することができます。MobileTogether Designer には、ダイアログの上のペインにリストされるグローバル変数の標準ライブラリがあります。グローバル変数の値は MobileTogether により、シミュレーション中およびクライアントデバイスでアプリが実行される際に割り当てられています。グローバル変数には 3 つの種類があり、ダイアログの変数のリストはこれらの3つの種類別に分類されます:

 

静的な値変数 (グローバル変数 と呼ばれています): これらの変数はモバイルデバイスの情報を含みます。これらの変数の値はプロジェクトの実行中は変更されることはありません。ペイン上の値列は、現在選択されているモバイルデバイスを指定しています。リストされている値は、すべてその特定のデバイスで使用するためです。 シミュレーションでのクライアントデバイスは[デバイスの選択] コンボボックスにより選択されたデバイスです。例えば、変数 $MT_Android は、使用されるモバイルデバイスが Android の場合、 true の値を持ちます。(デバイスの情報は通常のモバイル通信の手順の一部としてデバイスから送信されます。)
動的な値変数 (ローカル変数 と呼ばれています): これらの変数は、デザインページとそのコントロールに関する変数の情報を含みます。これらの値は実行中に変更することができます。例えば、 $MT_ControlNode 変数は、プロジェクトの実行中のある時点の現在のコントロールのページソースリンクがノードであるものにより、異なる値を持ちます。
ユーザー変数: グローバル変数の標準ライブラリに加え、(ダイアログではユーザー変数と呼ばれてる)自身のグローバル変数を追加することができます。 変数には任意の値を与えることができ、この値は、プロジェクトの XPath/XQuery 式で使用することができます。

Click to expand/collapse

変数を追加するには、下のペインで以下を行います:

 

1.(ペインのツールバーにある) [追加] または [挿入] アイコンをクリックしてリストに行を追加します。
2.新しい変数の名前を(名前 列に)入力し、変数に説明を与えます(説明列)。上のスクリーンショット参照。
3.値フィールドをクリックして、式 XPath/XQuery ダイアログを表示し、この変数の値を決める XPath 式を入力します。
4.特定のグループに属する新しい変数を認識するためのアイコンを選択します。
5.[OK] をクリックして終了します。変数はグローバル変数として追加され、プログラミング コンテキストで使用することができます。

 

定義済みグローバル変数の説明はグローバル変数のセクションを参照してください。

 


(C) 2019 Altova GmbH