MobileTogether Server へデプロイ

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  メニュー コマンド > ファイル >

MobileTogether Server へデプロイ

ic_DeployToMTServer

 

(i) サーバーへの接続の詳細と (ii) サーバー上のプロジェクトのデプロイ プロパティを指定することのできる [ MobileTogether Server へデプロイ] ダイアログを開きます。 [OK] をクリックすると、現在アクティブな MobileTogether デザインファイルが MobileTogether Server へデプロイされます。

Click to expand/collapse

デプロイには以下の詳細が必要になります:

 

サーバー名とポート: ポートは MobileTogether Server 管理者ポートを指しており、MobileTogether Server の管理者ポートの設定 と一致する必要があります。 SSL を使用する場合、 MobileTogether Server のセキュリティ保護されたポートを使用してください。
ユーザー名とパスワード: デザイナーからワークフローを保存する特権を与えられているユーザーのユーザー名とパスワード。 MobileTogether Server ユーザーとその特権は MobileTogether Server のユーザーとロールの設定で指定されています。
ログイン: ログイン が直接かまたはドメインユーザーとしてかを指定してください。 (ログインがドメインユーザーとしての場合、 ドメイン-固有の ユーザー名 および パスワードを使用することができます)。 コンボボックスのオプションから、直接またはドメインを選択してください。 コンボボックスに表示されているドメインのみが、アクティブディレクトリログインのために構成されています。アクティブ ディレクトリ ログインのためのサーバーの構成の詳細に関しては、 MobileTogether Server ユーザーマニュアルを参照してください。
グローバルリソースのアクティブな構成: コンボボックスのドロップダウンリストから使用可能なアクティブな構成を選択してください。使用可能な構成は、グローバルリソース定義ファイルで定義されており、自動的に取得することができます。 詳細は Altova グローバルリソース のセクションを参照してください。
自動化されているテストケース:デザインの 記録されたベーステストの実行 (テストケース) を表示します。デプロイするテストケースを選択します。 CtrlShift キーを使用して、複数のテストケースを選択します。
デプロイパスとソリューションの説明: サーバーに表示されるデプロイされたソリューションのパスと名前 とソリューションの説明。
デプロイにデザインの変更点を保存: プロジェクトファイルはデプロイ前に保存され、デザインの最新の変更が含まれます。
次のワークフローランで永続クライアントデータをリセットする: ソリューションが次回実行される時に永続クライアントデータをリセットします。

 

 

Click to expand/collapse関連項目

 


(C) 2019 Altova GmbH