ページソースの種類

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ページソース(データソース) >

ページソースの種類

ページソースとして追加 することのできるページソースの種類は下にリストされています:

 

hmtoggle_arrow1新しい空の XML、HTML または JSON

新しい空の XML、HTML または JSON ページソースが [ページソースの追加] ダイアログに追加される場合、 XML ページソース として作成されます。[ページソースの追加] ダイアログの次のスクリーン 内で、ページソースが XML、HTML または JSON ファイルであるかを指定します。 $XML という名前を持つルートノードが新しいページソースのために作成されます (下のスクリーンショット参照)。ページソースが XML または HTML として指定されている場合、ツリー内に他のノードまたは名前空間は作成されません。 ページソースが JSON として指定されている場合、 json と呼ばれるルート要素がルートノードの下に作成されます。以下の方法のどちらかまたは両方を使用してルートノードの下に XML ドキュメント構造を作成することができます:

 

(ツールバーコマンドを使用して)ルートノードに要素および属性ノードを追加する。 詳細は、ツリー構造のセクションを参照してください。
XML、 HTML、 または JSON ファイルから構造を、ルート ノードのコンテキスト メニューの [インポート] コマンドを使用してインポートします。

MTPageSrcsNewEmptyXML01

(デフォルト ファイルの割り当ても含む)ツリーへデータを追加する方法は、ツリー データのセクションに説明されています。

 

メモ:    ページソースのデータ型をルートノードのコンテキストメニューコマンドデータの型を使用して変更することができます。

 

hmtoggle_arrow1既存の構造を再利用する

このオプションは、プロジェクトの他のページで既に作成された構造を再利用したい場合役に立ちます。 このオプションは、プロジェクトの他のページで既に作成された構造を再利用したい場合役に立ちます。再利用可能なページ ソースは、プロジェクトの同じページではなく、他のページに存在しなくてはならず、 ページはトップ ページまたはサブ ページであることができます。ページソースがプロジェクトの他のページに存在する場合のみ再利用オプションを有効化することができます。

MTAddPageSourceDlgReuseStruc

使用可能なページソースは、オプションのコンボ ボックスのドロップダウン リストのルート ノードの名前の横にリストされます(上のスクリーンショット参照)。再利用したいページソースを選択して、[完了] をクリックします。 同じ名前のルート ノードと再利用されたページソースの構造が作成されます(下のスクリーンショット参照)。データ ソースが共有されているページ数がリストされます(下のスクリーンショット参照)。マウスをツリーのノードの名前にポイントするとページを共有する名前がリストされます。 ルート ノードの名前の横のコンボ ボックスから他の再利用可能なページソースを選択することにより、他のページソースのデータ構造に変更することができます(下のスクリーンショット参照)。

MTAddPageSourceDlgReuseStrucCombo

(デフォルトファイルの割り当ても含む)ツリーにデータを追加する方法は、ツリー構造のセクションで説明されています。ツリーの変更方法は、ツリー構造のセクションに説明されています。

 

hmtoggle_arrow1ファイルからインポートされた新規の XML、HTML または  JSON/JSON-5  構造

このオプションが選択された場合、 (下のスクリーンショットを参照してください)、[次へ] をクリックすると選択されたページソースの使用方法のオプションを設定することのできる [ページソースの追加] ダイアログ が表示されます。

MTDNewStrucFromFile

[ページソースの追加] ダイアログの次のスクリーン でページソースが XML、HTML または JSON ファイルであるかを指定します。ダイアログの[完了] ボタンをクリックすると、その後の結果は、XPath-ベースのファイル名を使用 オプションが選択されているか否かにより異なります (上のスクリーンショット参照) 。

 

チェックボックスがチェックされている場合、 [XPath/XQuery 式の編集] ダイアログ が表示されます。ここで必要とする ファイル URL を生成するための XPath 式 を構築します。
チェックボックスがチェックされていない場合、 XML、HTML または JSON ファイルを選択し、ページソースの構造を与える ダイアログが表示されます。 ファイルを参照、 ファイル URLを使用、またはグローバルリソースを使用することができます。

 

XML/HTML/JSON ファイル の構造は、ページソースの構造としてインポートされます(下のスクリーンショット参照)。 XML および JSON ファイル構造は、$XML ルートノードの下に表示されています。 HTML ファイル構造は、 $HTML ルートノードの下に表示されています。 HTML または JSON ページソースの構造は、 XML ツリー構造としてインポートされます。 インポートされた JSON 構造は、 json という名前のルート要素を持ちます。 XML/HTML/JSON (ページソース) ファイルは、自動的にページソースのデフォルトのファイルとして定義されます。 これは、ファイルからのデータが新しいページソースのノードのデータとして使用されていることを意味します。ファイルが URL と共に選択されている場合、ファイルを取得するために、 HTTP または FTP プロトコールを使用することができます。 デフォルトファイルのパスを XPath 式と共に指定することができます。これによりファイルパスの動的構成を許可することができます。例えば、他のページソース内のノードコンテンツをベースにしたパスの場合などがあげられます。

MTAddPageSourceDlgXML

ファイル URL を変更するには、 URL エントリをダブルクリックするか、エントリの右にある [追加ダイアログ] アイコンをクリックします。他のプロジェクト ページからの再利用可能な構造がある場合、ルート ノードの名前の横のコンボ ボックスにより、再利用可能な構造を選択することができます (上のスクリーンショット参照)。ツリー構造の変更方法はツリー構造のセクションで説明されています。

 

HTML の取得は修正パーサを使用して行います。この結果、インポートされた HTML 構造が、不足している要素のため、無効なデータオブジェクトモデルを持つ場合、 (HTML 5 仕様に従い)、これらの不足している要素は、[ページソース] ペインのページソースツリーに追加されます。例:

 

<table>

  <tr/>

  <tr/>

</table>

 

以下に修正されます:

 

<table>

  <tbody>

     <tr/>

     <tr/>

  </tbody>

</table>

 

hmtoggle_arrow1新しいパラメーターつきの HTTP/FTP リクエスト

データを含むページソースは、 HTTP または FTP リクエストとその後追加された構造によりにより追加することができます。  HTTP/FTP、REST または SOAP を使用してページソースが取得されるか指定するオプションを選択します (下のスクリーンショット参照)。HTTP/FTP または REST を選択した場合、[ページソースの追加] ダイアログの次のスクリーン内で、ページソースが XML、HTML または JSON ファイルであるかを指定します。後に、対応する設定ダイアログ(HTTP/FTP または REST)内で選択を変更することもできます。 (SOAP を選択した場合、ページソースは、 XML として解析される必要があります。このオプションは自動的に設定され変更することはできません)。

 

MTDNewHTTPEtc

[ページソースの追加] ダイアログの [完了] ボタンをクリックすると、(HTTP/FTP リクエストのための) [ Web アクセス設定の編集] ダイアログ 、(REST リクエストのための) [RESTful API リクエスト] ダイアログ、 または (SOAP リクエストのための) [WSDL ファイル選択] ダイアログ が表示されます。 これらのリクエストの設定の指定に関する詳細は、HTTP/FTP、REST、および SOAP リクエストのセクションを参照してください。

 

リクエストの実行に成功すると、ページソースが(ルートノード として)追加され、ページソースからデータがロードされます。ツリー構造は、しかしながら作成されません。ツリー構造はインポートまたは手動で作成することができます。 ツリー構造の作成方法はツリー構造のセクションを参照してください。

 

hmtoggle_arrow1新しい DB 構造

このオプションにより、構造を作成しデータベースからデータを追加することができます。このオプションを選択し、 [完了] をクリックすると、データベース (DB) 接続ウィザードが表示されます。DB に接続した後、データ ソース構造とデータ コンテンツのためのインポートするテーブル データを選択することができます。ルート ノード名の横のデータベース名にノードが挿入されます。ルート ノードの下には DB 構造があります。 詳細はデータベースを参照してください。構造があります。DB の例はデータベースとチャートのチュートリアルを参照してください。

 

メモ:SQL ステートメントがページソース内に保管されている場合、クライアントデバイス上でデザインの実行中、ファイアーウォールルールがトリガーされる可能性があります。 これを回避するために、以下を行うことが奨励されています: (i) ページソースプロパティを「サーバーのみにページソースプロパティのデータを保管する」に設定します。 (ii) クライアント接続のために SSL を使用します。 (iii)  SQL ステートメントをサーバー上で必要に応じてアセンブルします。

 

hmtoggle_arrow1新しい XQuery ツリー

このオプションを選択し、 [完了] をクリックすると、 [XPath/XQuery 条件式の編集] ダイアログが開かれます。必要なデータを検索する XQuery ステートメントを入力して、 [OK] をクリックします。 XQuery ステートメントにより取得されたデータの構造を持つページソースが作成されます。 XQuery ステートメント内で指定された構造を持つ $XQ という名前のルートノードを持つページソースが作成されます。このルートノードを右クリックして、データのロードコマンドを選択し、必要に応じて、オプション 「最初の使用時」 または 「全てのページ」をまたはに設定します。例えば、次の XQuery ステートメントは、シミュレーションのスクリーンショット内で表示されているツリーを表示しています。

 

element weather {

element location{

element city {attribute id{"01"}, attribute name{"London"}},

element temperature {attribute value{"10"}, attribute min{"5"}, attribute max{"14"}, attribute unit{"C"}}

}

}

MTDDataSrcXQueryTree01

$XQ ツリーからノードをデザイン内で使用するには、 XPath 式を使用してノードを見つけることができます。 (例は以下のとおりです: $XQ1/weather/location/city/@name)。または、ページソースペイン内で、 XQuery ステートメントにより作成されるツリーの構造に一致する一時的なツリーを作成することができます(下のスクリーンショットを参照してください)。そして、ツリーからノードをデザインにドラッグすることができます。ツリーへのデータのロードと作成は、 XQuery ページソースのデータのロードオプション(最初の使用時、全てのページ、手動)により異なることに注意してください。

MTDDataSrcXQueryTree02

hmtoggle_arrow1新しい FlowForce ジョブ

このオプションを選択し、 [完了] をクリックすると、 FlowForce 設定の編集ダイアログが開かれます。FlowForce サーバーに接続するため FlowForce の設定を入力して、ジョブを指定します。[OK] をクリックすると、 FlowForce ジョブを実行して取得されたデータを含む新しいページソースが作成されます。 ページソースの構造は後で変更することができます。ツリー構造の変更方法はツリー構造のセクションで説明されています。Altova の FlowForce 製品に関しての詳細は Altova Web サイトの FlowForce のページFlowForce 製品のドキュメントを参照してください。

 

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH