ページソースの保存/復元

www.altova.com このトピックを印刷 1つ上のレベル

ホーム > 

ページソースの保存/復元

各 ページソース アクションの保存/復元は1つ選択することのできる3つのサブアクションにより構成されています  (下のスクリーンショット参照)。

MTActionSaveRestorePage Sources

3つのサブアクションは以下のとおりです:

 

ページソースの保存: 1つ、または、複数のページソースを保存します。保存するページソースを選択してください。アクションの下にある 追加 ダイアログ ボタンをクリックしてを1つまたは複数のページソースを選択します(上のスクリーンショットを参照)。
保存されたページソースの復元: (ページソースの保存 により)ページソースの内部コピーが保存されると、 ページソースを更に変更することができます。保存されたページソースの復元 アクションは、ページソースを内部で保存されたコピーの最近の状態に復元します。
保存されたページソースの破棄: (ページソースの保存により) ページソースの内部コピーが保存され、そのページソースが更に変更されると、保存されたページソースの破棄 アクションは、最後に保存された内部コピーを破棄します。

 

メモ:ページソースの保存/復元 アクションは、ファイルに保存されるページソースではなく、内部で保存されているページソースのみに適用されます。

 

使用方法

ページソースの保存/復元 アクションにより、ページソースを仮保存、受け入れ、または、1つまたは複数の条件が満たされることが条件に更に変更することができます。  例えば、サブページに移動する前に、ページソースを内部に保存することができます。サブページ上でユーザーがデータを編集すると、ボタンを押して、確認、または、変更をキャンセルします。 ボタンは定義され、保存されたページソースを破棄、または、復元することができます。


(C) 2019 Altova GmbH