SOAP からロード

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  アクション > ページ ソース >

SOAP からロード

SOAP からロード アクションのために、 WSDL ファイルから生成された SOAP リクエストからデータをロードすることができます。 WSDL ファイルを選択するためには、ソースフィールドの [追加設定] ボタンをクリックします (下のスクリーンショット参照)。

MTDLoadFromSOAP00

WSDL ファイル を選択して、 SOAP オペレーションを選択します。 SOAP リクエストは、自動的に WSDL ファイル から生成され、 SOAP リクエスト ダイアログに表示されます。SOAP リクエスト ダイアログ内の [OK] をクリックすると、使用することのできる SOAP リクエスト として保存されます。アクションは、ランタイムで SOAP リクエスト が送信される Web サービスの URL を表示します。 (下のスクリーンショット内のソースフィールドを参照してください)。

MTDLoadFromSOAP

SOAP リクエストを定義後に変更する場合は、 ファイルパスフィールドの [追加ダイアログ] ボタンをクリックします (上のスクリーンショット参照)。これによりSOAP リクエスト ダイアログ (下のスクリーンショット)が表示されます。 URL フィールドの [参照] ボタンをクリックして、 WSDL ファイルを選択して、SOAP リクエストの定義プロセスを再起動します。

Click to expand/collapse

イベントがトリガーされる時に複数のデータソースからデータをロードする場合、複数の SOAP からロード アクションを追加します。

 

エラーの処理

エラー時 オプションはエラーが発生すると何が行われるかを決定する事ができます:

 

スクリプトの中断: エラーの発生後、トリガーされたイベントの後全てのアクションは終了されます。これがエラーが発生した時のデフォルトのアクションです。 エラーに関わらず継続する場合は、継続またはスローオプションを選択します。
継続: アクションは終了されません。その代わりに、以下のイベントの際に何が起こるかを選択する事ができます: エラーが発生しない場合 (成功時)、 またはエラーが発生する場合 (エラー時)。例えば、ページのロードが成功したかを示すメッセージを表示することができます。
スロー: エラーが検出されると、このオプションは トライ/キャッチ アクションの変数内に保管された例外をスローします。 トライ/キャッチ アクション の キャッチ 部分は、エラーが発生した時、どのアクションが起こるかを指定します。エラーが発生しない場合は、次のアクションが処理されます。詳細に関しては、 トライ/キャッチ アクションのセクションを参照してください。

 


(C) 2019 Altova GmbH