REST リクエストの実行

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  アクション > ページ ソース >

REST リクエストの実行

設定フィールドの [追加設定] ボタンをクリックして、 (下のスクリーンショット参照) [RESTful API リクエスト] ダイアログ内で定義された REST リクエストを実行します。

MTDExecuteREST Request

REST リクエストを定義した後、アクションの設定フィールド内にリクエストの URL が表示されます。リクエストはランタイムで実行されます。 $MT_HTTPExecute_Result 変数内でリクエストの結果を保管する場合は、最新の結果を保管オプションをチェックします(上のスクリーンショット参照)。 $MT_HTTPExecute_Result 変数を使用して、デザイン内の結果にアクセスすることができます。しかし、この変数は、 SOAP リクエストの実行 アクションで使用することができることに注意してください。ですから、この変数は、この変数を使用するすべてのアクションにより生成された結果を含みます。

 

定義後に REST リクエスト を変更する場合は、設定フィールド上の [追加]ダイアログ ボタンをクリックします(上のスクリーンショット参照)。これにより新しいリクエストを定義することのできる [RESTful API リクエスト] ダイアログが表示されます。

 

エラーの処理

エラー時 オプションはエラーが発生すると何が行われるかを決定する事ができます:

 

スクリプトの中断: エラーの発生後、トリガーされたイベントの後全てのアクションは終了されます。これがエラーが発生した時のデフォルトのアクションです。 エラーに関わらず継続する場合は、継続またはスローオプションを選択します。
継続: アクションは終了されません。その代わりに、以下のイベントの際に何が起こるかを選択する事ができます: エラーが発生しない場合 (成功時)、 またはエラーが発生する場合 (エラー時)。例えば、ページのロードが成功したかを示すメッセージを表示することができます。
スロー: エラーが検出されると、このオプションは トライ/キャッチ アクションの変数内に保管された例外をスローします。 トライ/キャッチ アクション の キャッチ 部分は、エラーが発生した時、どのアクションが起こるかを指定します。エラーが発生しない場合は、次のアクションが処理されます。詳細に関しては、 トライ/キャッチ アクションのセクションを参照してください。

 


(C) 2019 Altova GmbH