埋め込まれたメッセージをバックする

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  アクション > その他 >

埋め込まれたメッセージをバックする

埋め込まれたメッセージをバックする アクションは、現在のソリューションをロードした IFrame へ(シリアル化された JSON) 文字列を送信します。 文字列は メッセージ イベントとして送信され、埋め込まれる HTML ページにより IFrame から JavaScript の addEventListener() メソッドを使用して message 型イベントをリッスンするためにピックアップされます。

MTActionEmbeddedMsgBack

アクションは、入力 XPath 式として 評価する (シリアル化された JSON) 文字列を取ります。全ての文字列は受け入れられますが、HTML ページを受け取るために使用される文字列のために、文字列は JSON 文字列である必要があります (これは Web サーバー間で使用される JSON は共通のデータ交換書式であるからです)。

 

メッセージ 文字列を与える XPath 式は以下の1つです:

 

$MT_EMBEDDEDMESSAGE は処理し転送するための JSON データを含むページソースノードツリーです。このツリーのルート要素は、常に json という名前が与えられます。$MT_EMBEDDEDMESSAGE ツリー全体が返されると、上のスクリーンショット内で、シリアル化された JSON 文字列はトップレベルプロパティとして json プロパティを持ちます。 または、 メッセージを $MT_EMBEDDEDMESSAGE ページソースのフラグメントとなるように定義することができます。例えば、 $MT_EMBEDDEDMESSAGE/json。 この場合、メッセージのシリアル化された JSON 文字列は、ページソースノードの json ノードのコンテンツになります。
JSON データ構造、または、文字列を評価するノードは、 JSON データ構造を持ちます。 JSON データ構造である文字列のサンプルは次のとおりです: '{ "books": { "author": "Mary Shelley", "title": "Frankenstein" }}'。シリアル化された JSON 文字列内では、 books プロパティは含まれている構造です。

 

 

次も参照してください:: リッスン: ソリューションから Web ページへ

 


(C) 2019 Altova GmbH