ユーザーのイメージ選択

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  アクション > イメージ、オーディオ、ビデオ >

ユーザーのイメージ選択

ページソースツリーのノードの保存されるイメージをユーザーは選択することができます (下のスクリーンショット参照)。 これによりエンドユーザーはデータベースに自動的に保存されるイメージを選択することができます。使用方法の例としては、 保険の損害の報告があげられます。ユーザーは、ソリューションを実行して、モバイルデバイスで写真をとることができ、イメージは適切なデータベースに直接アップロードされます。

MTDLetUserChooseImage01

アクションには次のプロパティがあります:

 

イメージ ソース: [ギャラリー] を選択して、ユーザーがクライアント デバイスのイメージ ギャラリーからイメージを選択します。[カメラ] を選択して、モバイル デバイスのアプリを開始して、カメラで撮られた次の写真をキャプチャします。
ターゲット ノード: イメージが Base64 エンコード データとして保存されるページソースノード。

 

[ユーザーのイメージ選択] アクションには 3 つの条件があります:

 

OK 時: イメージが正しく Base64 エンコードデータとしてインポートされた時に実行されるアクションを定義します。典型的な実行されるアクションには次があげられます: (i) 選択されたイメージを表示するイメージの 再ロード コントロールは選択されたイメージと共に表示を更新します; (ii) (Base64 エンコード テキストとして XML ノードに保存されることに対して、) イメージがバイナリ イメージ ファイルとして保存される必要がある場合 ファイルにイメージを保存 します; (iii) ページソースに新しく追加されたエンコード イメージ データを含む XML データを ファイルに保存 します。
キャンセル時: イメージの選択のプロセスがユーザーによりキャンセルされた場合、ユーザーにより選択されたイメージの準備のための変更をロールバックするために一部のアクションが必要になる可能性があります。
エラー時: イメージがターゲット ノードに正しくインポートされなかった場合とられるアクションを定義します。例えば、選択が失敗したことをユーザーに通知し、およびまたはWeb ブラウザーでトラブルシューティングのページを開くことができます。

 

このアクションの使用方法の例は、ユーザーにより選択されたイメージを参照してください。

 


(C) 2019 Altova GmbH