位置情報データの読み込み

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  アクション > 位置情報サービス >

位置情報データの読み込み

位置情報データの読み込みアクションは現在の位置情報データを $MT_GEOLOCATION ツリーに入力します。アクションが現在の位置情報を読み込むためには、アクションを実行する前に、モバイルデバイスの 位置情報トラッキングが開始されている必要があります

 

位置情報のトラッキングの開始/停止 アクション、または、 位置情報データの読み取り アクションがデザインに追加されると、$MT_GEOLOCATION ツリーは自動的にページのページソースに追加されます。イベントがトリガーされると、 2 つのパーツ LocationAddress (下のリスト参照 ) から構成される、位置情報のデータの読み込みアクションにより、 $MT_GEOLOCATION ツリーからデータが取得されます。 Location 要素は、位置情報の座標を含みます。 Address 要素は、アドレスに相当するものと、ディレクトリの検索により決定される他の位置情報の座標に関する情報を含みます。郵便番号に相当する情報が存在しない場合は、このパートは記入されません。他の( URL などの) Address の子要素は、関連するデータが存在しない場合は記入されません。

 

$MT_GEOLOCATION

<Root>

  <Location/>

  <Address/>

</Root>

 

 

Click to expand/collapse$MT_GEOLOCATION  ツリーの詳細な構造

$MT_GEOLOCATION

<Root>

  <Location

    Provider=""

    Latitude=""

    Longitude=""

    Geolocation=""

    Altitude=""

    AccuracyVertical=""

    AccuracyHorizontal=""

    Speed=""

    Time=""

    MagneticHeading=""

  />

  <Address

    Locality=""

    SubLocality=""

    CountryName=""

    CountryCode=""

    PostalCode=""

    AdminArea=""

    SubAdminArea=""

    FeatureName=""

    Thoroughfare=""

    SubThoroughfare=""

    Phone=""

    Url=""

    Premises=""

    AddressLines="">

    <AddressLine></AddressLine>

     ...

    <AddressLine></AddressLine>

  </Address>

</Root>

 

 

位置情報の取得のオプション

アクション設定のドロップダウンボックスで、以下の 1 つを選択することができます:

 

現在の位置情報: $MT_GEOLOCATION ツリーの Location 要素内にモバイルデバイスの位置情報データを入力します。ツリーの Location 要素の属性のみがデータを含むことになります。ツリーは Address 要素を持ちません。
現在の位置情報 + アドレス: LocationAddress 要素ノードの双方にデータを入力します。
与えられた位置情報のアドレス: $MT_GEOLOCATION ツリー内に Address 要素のデータを入力します。このデータは、入力された 位置情報のための座標に対応します。 位置情報のための座標は、 下の位置情報入力文字列のフォーマットのセクションで説明されている構文のフォーマットを持つ必要があります。アドレスのデータは、位置情報のディレクトリを検索することで取得されます。
与えられたアドレスでの位置情報: 位置情報の座標は、アドレスのためのフィールドの値として入力された文字列から取得されます。この文字列は、位置情報ディレクトリで検索され、このアドレスの座標を使用することができ、 $MT_GEOLOCATION ツリー の Location 要素はこれらの座標と共に更新されます。アドレスのサブパートの部分をディレクトリ検索のために入力することができます。

MTDRetrieveGeolocationAddress

hmtoggle_plus1位置情報入力文字列フォーマット:

位置情報入力文字列は空白で区別された緯度と経度 (この通りの順番) を含む必要があります。緯度と経度は以下のフォーマットをとることができます。 組み合わせることも可能です。緯度が1つのフォーマットで、経度が他のフォーマットをとることができます。緯度の値の範囲は +90 から -90 (北 から 南) です。経度の値の範囲は +180 から -180 (東 から 西)です。

 

メモ: 単一およびダブル引用符が入力文字列引数を区切るために使用されていると、使用されている単一およびダブル引用が、それぞれ、分の値と秒の値、不一致をもたらします。この様な場合、分の値と秒の値を表すための使用されている引用符は、ダブルにしてエスケープされる必要があります。このセクションのサンプルでは、入力文字列を区別するために使用されている引用符は黄色い (") でハイライトされており、エスケープした単位インジケーターは青い ("") でハイライトされています。

 

度、分、 10 進の秒、方角のサフィックス付き (N/SE/W)
D°M'S.SS"N/S  D°M'S.SS"W/E

サンプル: 33°55'11.11"N  22º44'66.66"W

 

度、分、 10 進の秒、 プレフィックスサイン付き (+/-);  (N/E) のためのプラスサインは任意です。 
+/-D°M'S.SS"  +/-D°M'S.SS"

サンプル: 33°55'11.11"  -22°44'66.66"

 

度、分、 10 進の分、方角のサフィックス付き  (N/SE/W)
D°M.MM'N/S  D°M.MM'W/E

サンプル: 33°55.55'N  22°44.44'W

 

度、分、 10 進の分、 プレフィックスサイン付き (+/-);  (N/E) のためのプラスサインは任意です。 
+/-D°M.MM'  +/-D°M.MM'

サンプル: +33°55.55'  -22°44.44'

 

 10 進の度、方角のサフィックス付き (N/SE/W)
D.DDN/S  D.DDW/E

サンプル: 33.33N  22.22W

 

 10 進の度、プレフィックスサイン付き (+/-);  (N/S E/W)) のためのプラスサインは任意です。 
+/-D.DD  +/-D.DD

サンプル: 33.33  -22.22

 

フォーマットの組み合わせのサンプル:

33.33N  -22°44'66.66"

33.33  22°44'66.66"W

33.33  22.c

 

与えられたアドレスの位置情報: アドレス オプション内に入力されたアドレスの位置情報を返します。アドレスは文字列として入力されます。例: "Address Line 1、 Address Line 2"。この文字列は位置情報のルックアップとして提出され、返された位置情報コンポーネントは $GEOLOCATION ツリー内に保管されます (このセクションの始めのツリー構造リストを参照してください )。

 

使用方法

位置情報データを使用するには、最初に位置情報データの読み込みアクションを使用して $MT_GEOLOCATION ツリーにデータが入力される必要があります。以下のスクリーンショットは、例えば、 LocationAddress 要素のデータを取得する位置情報データアクション、そして Location/@Latitude データを使用して他の $MT_GEOLOCATION ツリー内のノードの更新を表示しています。

MTDReadCurrentGeolocation

Click to expand/collapse取得された位置情報データの単位とデータ型

異なるモバイルデバイるから取得された位置情報データは $MT_GEOLOCATION ツリーに数値として保管されます。これらの数値の単位とデータ型は、下のテーブルに表示されています。

 

 

Android

Web

iOS

Windows Phone

WindowsRT

経度

(double 型)

実数度 (double 型)

(double 型)

(double 型)

(double 型)

緯度


(double 型)

実数度  (double 型)

(double 型)

(double 型)

(double 型)

精度

メートル

(double 型)

メートル

(double 型)

メートル

(double 型)

メートル

(double 型)

メートル

(double 型)

高度

WGS 84 メートル以上の 楕円外高さ

メートル

(double 型)

メートル

(double 型)

メートル

(double 型)

メートル

(double 型)

スピード

メートル/秒

(m/s)

メートル/秒
(double 型)

メートル/秒
(double 型)

メートル/秒
(double 型))

メートル/秒
(double 型)

時刻

UTC 時刻

DOM TimeStamp (署名されていない long long))

NSDate (TZ に変換することが可能)

Int64/System.Date
timeOffset (UTC)

Long long (UTC)

 

 

位置情報データをデザイナーとサーバーシミュレーションのために指定するには、位置情報の設定のセクションを参照してください。

 

チュートリアル 位置情報の共有位置情報の読み込み アクションの使用方法について説明しています。

 


(C) 2019 Altova GmbH