Altova 拡張関数

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  参照 > XSLT と XPath/XQuery 関数 >

Altova 拡張関数

Altova 拡張関数はXPath/XQuery 式で使用することができ、 XPath、 XQuery、および XSLT 関数の標準ライブラリで使用可能な機能に更なる機能性を与えます。

Altova 拡張関数を標準関数ライブラリと区別するために、このドキュメントでは、Altova 拡張関数にサフィックス [altova:]を付けて名前指定されています。例: add-years-to-date [altova:]
XPath/XQuery 式で Altova 拡張機能を使用する場合、プレフィックスまたはサフィックスなしで、関数を使用する同様、Altova 拡張関数を使用することができます。Altova 拡張子を次のように使用してください: add-years-to-date(xs:date("2014-01-15"), 10)。

 

XPath 関数 (XSLT 内の XPath 式で使用 ):

XP1 XP2 XP3.1

XSLT 関数 (XSLT 内の XPath 式で使用):

Xslt1 XSLT2 XSLT3

XQuery 関数 (XQuery 内の XQuery 式で使用):

XQ1 XQ3.1

 

 

XPath/XQuery 関数

XPath/XQuery 関数は、  XQuery 関数の XPath 式で使用することができます:

 

日付/時刻
位置情報
イメージに関連した
数値
シーケンス
文字列

 


(C) 2019 Altova GmbH