データソースへの接続

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データベース > データベース クエリ >

データソースへの接続

データベースをクエリするには、最初に必要とされるデータベースに接続し、必要とされるデータソースとルートオブジェクトを複数の既存の接続から選択します。

 

 


 

 

データベースに接続する

DB クエリビューに切り替えると、アクティブデザインがデータソースとして使用するすべてのデータベースがブラウザーペインに表示されます。他のデータベースをクエリするには、クエリビューツールバー内の[クイック接続] をクリックしてください。

 

DBQuery_QuickConnectDlg1 サポートされるデータベースのリストは、データベースクエリ | サポートされるデータベースを参照してください。

 

 


 

 

必要なデータソースの選択

既存のすべての接続およびルートオブジェクトは、データベース クエリ ウィンドウのツールバー内の 2 つのコンボ ボックスにそれぞれリストされています (下のスクリーンショット)。 左側のコンボボックスから必要なデータソースを選択した後、右側のコンボボックスから必要なルートオブジェクトを選択することができます。

 

DBQuerySelectDataSource

 

上のスクリーンショットでは、StyleVision DB という名前のデータベースが選択されています。このデータベースの使用できるルートオブジェクトに関しては、ルートオブジェクト ALTOVA_USER が選択されています。データベースとルートオブジェクトはブラウザーペインに表示されます。

 


(C) 2019 Altova GmbH