Oracle (ODBC) への接続

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データベース > データベースへの接続 > データベース接続のサンプル >

Oracle (ODBC) への接続

このサンプルは、ローカルオペレーティングシステム上にインストールされている Oracle データベースクライアントを介して、ネットワークマシン上で MobileTogether Designer から Oracle データベースサーバーへの接続のよく使用されている状況を説明します。

 

このサンプルでは、 MobileTogether Designer 内のデータベース接続ウィザードを使用して、 ODBC データソース (DSN) のセットアップについて説明されています。既に DSN が作成されている場合は  Windows 内の ODBC データソース管理者から直接作成をする事も可能です。ウィザードがプロンプトした場合はそのように選択してください。データソースに関する詳細はODBC 接続のセットアップを参照してください。

 

前提条件:

 

(ODBC Oracle ドライバーを含む) Oracle データベースクライアントが使用中のオペレーティングシステムでインストール、および構成されていなければなりません。  Oracle データベースクライアントのインストールおよび構成方法は Oracle ソフトウェアに付随するドキュメントを参照してください。
Oracle ホームディレクトリにある tnsnames.ora ファイルは、データベース接続パラメーターを紹介するエントリを含みます。フォーマットは以下に類似します:

ORCL =

 (DESCRIPTION =

   (ADDRESS_LIST =

     (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = server01)(PORT = 1521))

   )

   (CONNECT_DATA =

     (SID = orcl)

     (SERVER = DEDICATED)

   )

 )

tnsnames.ora ファイルのパスは Oracle ホームディレクトリがインストールされている場所によります。 Oracle データベースクライアント 11.2.0 に関しては、デフォルト Oracle ホームディレクトリのパスは以下の通りです:

C:\app\username\product\11.2.0\client_1\network\admin\tnsnames.ora

接続の詳細を貼り付け保存する、または(使用可能であれば) Oracle ネット構成アシスタントウィザード を実行することにより tnsnames.ora ファイルに新規エントリを追加することができます。

 

ODBC を使用しての Oracle への接続:

1.データベース接続ウィザードを開始します。
2.[Oracle (ODBC / JDBC)] を選択して、 「次へ」 をクリックします。

ExampleOracle02

3.[ODBC] を選択します。

ExampleOracle03

4.[ドライバーの編集] をクリックします。

ExampleOracle04

5.使用する Oracle ドライバーをせんたくします (このサンプルでは Oracle in OraClient11g_home1 です)。 Oracle クライアントをインストール後システムで使用可能な Oracle ドライバーのリストを表示します。
6.[戻る] をクリックします。
7.[新しいデータソース (DSN) をドライバーを使用して作成] を選択して、ステップ 4 で選択された Oracle ドライバーを選択します。

ExampleOracle05

Microsoft ODBC for Oracle という名称の Microsoft により提供されるドライバーを使用することは避けてください。 Microsoft は Oracle により提供される ODBC ドライバーを使用することを奨励しています。(以下参照: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms714756%28v=vs.85%29.aspx)

8.「接続」 をクリックします。

ExampleOracle06

9.データソース名テキストボックスにデータソースを識別する名前を入力します (このサンプルの場合はOracle DSN 1 です)。
10.TNS サービス名ボックスでは、 tnsnames.ora ファイルで定義されている通りの接続名を入力します。(前提条件を参照してください )。このサンプルでは接続名 ORCL はです。
11.「OK」 をクリックします。

ExampleOracle07

12.データベースのユーザー名とパスワードを入力して、 「OK」 をクリックします。

(C) 2019 Altova GmbH