IBM DB2 for i (ODBC) への接続

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データベース > データベースへの接続 > データベース接続のサンプル >

IBM DB2 for i (ODBC) への接続

このトピックは、 ODBC を使用して IBM DB2 for i データベースへの接続のサンプル手順を説明します。

 

 

前提条件:

 

IBM System i Access for Windows は使用中のオペレーティングシステム (このサンプルでは IBM System i Access for Windows V6R1M0 を使用しています) にインストールされる必要があります。インストールの手順は、 IBM DB2 for i ソフトウェアにより提供されているドキュメントを参照してください。インストール後、ODBC ドライバーが使用中のコンピューターで使用可能か確認してください  (使用可能なODBC ドライバーの表示を参照 )。

DB2_for_i_00

データベース接続の詳細:データベースサーバーの I.P. アドレス、データベースユーザー名、およびパスワード
i Navigator を実行して、新規接続を作成するウィザードの手順を踏んで新規接続を作成してください。システムの指定をプロンプトされると、データベースサーバーの I.P. アドレスを入力してください。 接続を作成した後、検証する(接続をクリックして、ファイル > 診断 > 接続の検証 を選択) ことが奨励されます。 接続エラーが発生した場合、データベースサーバー管理者に連絡してください。

 

 

IBM DB2 for i への接続:

1.データベース接続ウィザードを開始します.
2.[ODBC 接続] をクリックします。
3.[ユーザー DSN] をクリックします。(または、[システム DSN] または、後に続く手順が同じ [ファイル DSN] をクリックします)。
4.「追加」 DSN_add をクリックします。
5.[iSeries Access ODBC ドライバー] をリストから選択します。[ユーザー DSN] (または、 該当する場合 [システム DSN]) をクリックします。

DB2_for_i_02

6.データソース名を入力して、システムコンボボックスから接続を選択します。このサンプルでは、データソース名は iSeriesDSN でシステムは 192.0.2.0 です。

DB2_for_i_03

 

7.[接続オプション] をクリックします。[指定されたユーザー ID を使用] を選択して、データベースユーザー (このサンプル内では DBUSER) の名前を入力します。

DB2_for_i_04

8.「OK」 をクリックします。 DSN 内のリストで新しいデータソースを使用することができます。
9.「接続」 をクリックします。
10.データベースのユーザー名とパスワードをプロンプトされると入力して 「OK」 をクリックします。

(C) 2019 Altova GmbH