このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

» このレベルの上のトピックは存在しません «

関数

スクロール ホーム トップ その他

MapForce 内では必要に応じてデータを変換するために以下の関数のカテゴリを使用することができます:

 

MapForce ビルドイン関数 — MapForce 内でこれらの関数は定義済みで、これらを文字列、数値、日付、および他のデータ型を扱う広範囲の処理を行い、マッピング内で使用することができます。 グループ分け、集計、自動付番、および他の多種のタスクを行うために使用することができます。使用することのできるすべてのビルドイン関数への参照に関しては、 関数ライブラリの参照 を参照してください。

ノード関数とデフォルト — これらはマッピングコンポーネント上の1つまたは複数の子孫ノードにカスタム処理ロジックを作成し適用する更に特化された関数です。マッピング構造のデータに到達する または到達した 直後 にデータを処理できるようになります。詳細に関してはデフォルトとノード関数を参照してください。

ユーザー定義関数 (UDF) — これらはMapForce 内で使用が可能なネイティブなコンポーネント型とビルドイン関数のベースとする、自身で作成が可能な MapForce 関数です。 ユーザー定義関数を参照してください。

カスタム関数 — これらは XSLT ライブラリ、XQuery ライブラリモジュール、Java .class ファイル、 .NET .dll ファイル などの外部ソースからインポートし MapForce に適用することが可能な関数です。MapForce 内で再利用可能にするには、カスタム関数は(文字列または整数) 単純型のデータを返し、単純型のパラメーターを取る必要がありま。詳細に関しては カスタム XSLT 1.0 または 2.0 関数のインポートカスタム XQuery 1.0 関数のインポートカスタム Java と .NET ライブラリのインポートを参照してください。

 

メモ: (構成を必要とすることなく)関数のカスタム外部ライブラリを直接、または MapForce により認識されている MFF (MapForce 関数ファイル) を構成することによりインポートすることができます。後者のアプローチを使用する場合 Java クラスと .NET アセンブリに加え C++ ライブラリをインポートすることができます。.mff ファイルによりインポートされたライブラリは Java、C# と C++ ライブラリを手動で参照する方法 で説明されている必要条件を満たす必要があります。

 

以下のロードマップを使用して 特定のタスクに関連した関数にアクセスしてください:

 

...を実行するには

以下を参照してください...

MapForce 関数、または定数をマッピングに追加する方法

マッピングに関数を追加する

マッピングに定数を追加する

関数の検索

関数の型と詳細を確認する

関数引数の追加、または削除

MapForce 内で自身の関数を作成し、同じマッピングまたは他のマッピングで後に使用する方法

ユーザー定義関数

カスタム XSLT 関数を MapForce にインポートする方法

カスタム XSLT 1.0 または 2.0 関数のインポート

カスタム .NET と Java ライブラリを MapForce に追加する方法

カスタム Java、C# と C++ 関数ライブラリの追加

MapForce 関数ファイル (.mff) を使用して適応することによりカスタム Java、C# と C++ ライブラリを MapForce にインポートします。このアプローチは上記のアプローチとは異なり手動の構成を必要としますが C++ ライブラリのインポートを追加でサポートしています。

Java、C# および C++ ライブラリに手動的に参照する方法

(C) 2020 Altova GmbH