このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2021 Basic Edition

MapForce 2021 の新規機能 :

 

内部のアップデートと最適化

 

2020 Release 2 の新規機能:

 

新規の ライブラリの管理 ウィンドウによりドキュメントまたはプログラムレベルでインポートされたすべての関数ライブラリを表示管理できるようになりました (これには MapForce ユーザー定義関数と他のライブラリが含まれています)。例えば、1つのマッピングから他のマッピングに簡単にユーザー定義関数をコピーして貼り付けることができます。マッピング間で UDF をコピーし張り付ける用法を参照してください。

マッピングファイルがライブラリをインポートする際に、インポートされたライブラリファイルのパスはデフォルトで相対パスです。相対的なライブラリパスを参照してください。以前のリリース同様アプリケーションレベルでマッピングファイルをインポートすることは可能ですが、この場合ライブラリのパスは絶対パスです。

マッピングファイルが XSLT ライブラリをインポートする場合、相対的なパスを使用してインポートされたライブラリを参照する XSLT コードを生成することができます。 新規のオプションは マッピング設定 ダイアログボックス内で使用することができます。

内部のアップデートと最適化。

 

 

MapForce リリース 2020 の新規機能:

 

ルックアップテーブルを使用して値を置き換える場合、テーブルデータ (キー値ペア) を CSV または Excel などの外部ソースからマッピングに張り付けることができます。また、代替の使用を必要としない値や不足する関数など定義済みのルックアップテーブル内で値が見つからない場合、このような値の処理が substitute-missing 関数の使用を必要としないため扱いが簡単になります。 値マップの使用を参照してください。

内部のアップデートと最適化

 

 

MapForce 2019 リリース 3 の新規機能:

 


MapForce から Java 仮想マシンを明示的に設定するためのサポート。Java 設定 を参照してください。


内部のアップデートと最適化

 

MapForce リリース 2019 の新規機能:

 


内部の更新と最適化。

 

 

MapForce 2018 リリース 2 の新規機能:

 


ビルトイン関数定数 をマッピングの空のエリアをクリックして便利に追加できるようになりました。


内部のアップデートと最適化

 

MapForce リリース 2018 の新規機能:

 


内部のアップデートと最適化

 

MapForce 2017 リリース 3 の新規機能:

 


内でのテキストの検索オプション。「出力 ペインと 「XSLT」 ペイン が強化されました(次を参照: テキストビュー内の検索)。 また、テキストのハイライトも上記のペインで使用することができます (次を参照: テキストのハイライト)。


内部のアップデートと最適化

 

 

 

MapForce リリース 2017 の新規機能:

 

 


ソース XML からノード名を読み取るを読み取ることは可能でターゲットにこの情報をマップすることができます。また、動的に新規の XML 属性、または要素をソースから与えられた値をベースにしたターゲット内に作成することもできます。ノード名のマッピング を参照してください。


要素レベルでカスタム化された名前空間を持つXML インスタンスファイルを作成することができます (次を参照してください: カスタム名前空間の宣言)


内部のアップデートと最適化

 

 

MapForce 2016 R2 の新規機能:

 

XSLT ペイン 内の更に直感的なコードの使用: 折りたたまれたテキストが、省略シンボルと共に表示され、ツールヒントとして、プレビューすることができます。

アクティブなマッピング内で関数が使用される全ての箇所を検索することができます(ライブラリウィンドウ 内の関数を右クリックし、「全ての呼び出しを検索する」を選択します)。

内部のアップデートと最適化

 

 

MapForce リリース 2016 の新規機能:

 

XSLT 1.0 コードの改善された生成 (生成されたスタイルシートは読み込みやすく、より早く実行することができます)。

新規 集計関数が MapForce コアライブラリで使用することができます: min-stringmax-string。 これらの関数は文字列のシーケンスから最大値および最小値を取得することができます。

 

 

MapForce バージョン 2015 R4 の新規機能:

内部的な更新と最適化

 

 

MapForce バージョン 2015 R3  の新規機能:

 

XML 出力内の <?xml ... ?>宣言を抑制するオプション

新しいコンポーネント型: 単純型出力

内部的な更新と最適化

 

 

MapForce リリース 2015  の新規機能:

 

新規 language 引数はformat-dateformat-dateTime 関数で使用することができます

新規 シーケンス 関数: replicate-item

 

 

MapForce バージョン 2014 R2  の新規機能:

 

新規 シーケンス 関数: シーケンスの生成、 item-at など。

出力コンポーネント内の CDATA セクションを定義する機能のためのタイムアウトの値を定義する機能

コンポーネントの削除後接続を保存する方法

ターゲットコンポーネント内の必須アイテムの自動ハイライト

 

 

MapForce リリース 2014  の新規機能:

 

RaptorXML 検証への統合と、 XML Schema 1.1への基本的なサポート

新規 RaptorXML XSLT エンジンの統合

XML スキーマワイルドカードへのサポート、 xs:any と xs:anyAttribute

XML ターゲットコンポーネント内のコメントと処理命令へのサポート

 

 

MapForce バージョン 2013 R2 SP1  の新規機能:

 

高速変換エンジン

 

 

MapForce バージョン 2013 R2  の新規機能:

 

内部的な更新と最適化

 

 

MapForce リリース 2013  の新規機能:

 

内部的な更新と最適化

 

 

MapForce バージョン 2012 R2  の新規機能:

 

XSLT 2.0、XQuery、内蔵の実行エンジンにて ソートコンポーネント をサポート

ユーザー定義コンポーネント名

 

 

MapForce リリース 2012  の新規機能:

 

ウィンドウマッピングウィンドウにおけるコンポーネントの自動配置

ターゲット親 ノードへの接続を通知

マッピングにてコンポーネントのシーケンスを制御するルール

 

 

 

MapForce バージョン 2011R3  の新規機能:

 

中間変数

 

 

MapForce バージョン 2011R2  の新規機能:

 

ライブラリウィンドウライブラリウィンドウにおける検索機能

反転 マッピング

拡張可能な IF-ELSE 関数

Core ライブラリにおけるノード名ならびに解析関数

 

 

MapForce リリース 2011  の新規機能:

 

マッピングチェーン にて、中間コンポーネントのプレビュー(パススループレビュー)

サポートされている全ての言語において dateTimenumbers のフォーマット機能が利用可能に

自動連番 機能の強化

 

 

MapForce バージョン 2010 リリース 3  の新規機能:

 

Nillable 値 ならびに XML インスタンスファイルにおける xsi:nil 属性をサポート

XML ドキュメントにてターゲットに対する自動キャスティングを無効化

 

 

MapForce バージョン 2010 リリース 2  の新規機能:

 

親コネクタの接続時に、対応する子接続を自動的に接続

入力文字列のトークン化により更なる処理

 

 

MapForce リリース 2010  の新規機能:

 

コンポーネント毎に複数の入力 / 出力サポート

相対パス サポートのアップグレード

xsi:type のサポートによる派生型の使用

新たに追加されたデータ型システム

改善されたユーザー定義関数のナビゲート (ユーザー定義関数のナビゲートを参照してください )

XML 要素における 複合コンテンツ の処理を強化

 

 

MapForce バージョン 2009 SP1  の新規機能:

 

ユーザー定義関数内のパラメーターの順序はユーザーにより定義されることができます ( ユーザー定義関数内のパラメーターを参照してください)

XML スキーマに対して妥当ではない XML ファイルの処理

全般的(標準的)なユーザー定義関数における複雑な階層構造の引数サポート( インラインと正規ユーザー定義関数を参照してください)

 

 

MapForce バージョン 2009  の新規機能:

 

ノードコンテンツやノードのグループ化

シーケンス内の ノードの位置 をベースにしたデータのフィルタリング

QName サポート

コンポーネント内にあるアイテム/ノードの 検索

 

 

MapForce バージョン 2008 リリース 2  の新規機能:

 

XML ファイルのためにXML スキーマ を自動生成

Altova グローバルリソース のサポート

パフォーマンスの最適化

 

 

MapForce バージョン 2008  の新規機能:

 

集計 関数

Value-Map 検索コンポーネント

XML 出力オプションの強化:XML 出力の整形、個々のコンポーネントに対してのエンコーディング設定XML スキーマ参照の省略

内部における様々なアップデート

 

 

(C) 2020 Altova GmbH