このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce Server 2020 Advanced Edition

次のサンプルは VB.NET コードからのマッピング マッピング実行ファイル (.mfx) の実行方法を説明しています。 Windows 上では、サンプルファイルは以下のパスで見つけることができます: C:\Program Files\Altova\MapForceServer2020\etc\Examples

 

サンプルソリューションは管理者の特権を必要とする「プログラムファイル」ディレクトリ内に存在します。 Either run Visual Studio を管理者として作動するか、管理者の特権を必要としない異なるフォルダーにソリューションをコピーしてください。

 

必要条件

MapForce Server サーバーがインストールされておりライセンス供与済みであること。

新規の Visual Studio プロジェクトを作成する場合、MapForce Server アセンブリにレファレンスを追加します ( .NET インターフェイスについてを参照してください)。サンプルが MapForce Server アセンブリを既に参照しているため既存の MapForce Server API サンプルを作動している場合このステップをスキップすることができます。

Visual Studio の「Build」メニューで、「Configuration Manager」 を選択し、正確なビルドプラットフォームを設定します。例えば、 Debug | x86  (または適応できる場合 Debug | x64 )。 "Any CPU" をプラットフォームとして使用しないでください。

MapForce Server 64 ビットがインストールされている場合、(下のサンプルのように) API を呼び出すアプリケーションが Visual Studio. 内で 64-ビット プラットフォームのためにビルドされる必要があります。 MapForce サーバー実行可能ファイルへのパスはコード内で適切に調節される必要があります。

 

.mfx ファイルの作動

下のコードは以下を行います:

 

Altova.MapForceServer.Server の新規のインスタンスを作成します。これは後の作業の目的となります。

実行が行われる作業ディレクトリを設定します。相対パスを使用して参照する場合、入力ファイルはこのディレクトリ内に存在することが期待されます。出力ファイルもこのディレクトリ内に作成されます。具体的には、このサンプル (TokenizeString.mfx) により実行されるサーバー実行可能ファイルは AltovaTools.xsd スキーマに伴う AltovaTools.xml と呼ばれるファイルからデータを読み取ります。 .mfx ファイルの作動に成功するために、これらのファイルは作業ディレクトリに存在する必要があります。

TokenizeString.mfx ファイルを作動します。このファイルへのパスは Run メソッドへの引数として与えられます。実行に成功すると、マッピング出力を表す .csv ファイルが作業ディレクトリ内に作成されます。

 

Option Explicit On

 

Module Program

 

  Sub Main()

 

      'Create a MapForce Server object;

      Dim objMFS As Altova.MapForceServer.Server = New Altova.MapForceServer.Server

 

      'Set a working directory - used as a base for relative paths (you may need to adapt the path to the installation folder)

       objMFS.WorkingDirectory = "C:\Program Files (x86)\Altova\MapForceServer2020\etc\Examples"

 

      'Default path to the MapForce Server executable is the installation path (same dir with the MapForceServer.dll)

      'In case you moved the binaries on the disk, you need to explicitly set the path to the .exe file

      'objMFS.ServerPath = "C:\Program Files (x86)\Altova\MapForceServer2020\bin\MapForceServer.exe"

 

      'Set global resource file and configuration, if your mapping uses global resources

      'objMFS.SetOption("globalresourcefile", "GlobalResource.xml") '"gr" can be used as short name for "globalresourcefile"

      'objMFS.SetOption("globalresourceconfig", "Config2") '"gc" can be used as short name for "globalresourceconfig"

 

      'Prepare the parameters, if your mapping uses parameters

      'objMFS.AddParameter( "testparam1", "value 1" )

 

      ' Run the mapping; input and output paths are stored inside the MFX file

      ' NOTE Please adapt the path to the input file in order to run the sample

      If (objMFS.Run("C:\Program Files (x86)\Altova\MapForceServer2020\etc\Examples\TokenizeString.mfx")) Then

           System.Console.WriteLine("Success - finished execution")

      Else

           System.Console.WriteLine(objMFS.LastExecutionMessage)

      End If

  End Sub

 

End Module

(C) 2019 Altova GmbH