C#

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  MapForce Server API > コードの例 >

C#

次の例は、 C# コードからのマッピング実行可能ファイル (.mfx) の実行方法について説明しています。

 

このサンプルをテストする前に、次の前提条件が満たされていることを確認してください:

 

MapForce Server がインストールされ、ライセンスされていること
MapForce Server DLL へのレファレンスが Visual Studio プロジェクト内に追加されます(次を参照してください: .NET インターフェイスに関して)。
MapForce Server 64-bit がインストールされている場合、(下に示されるような) API を呼び出すアプリケーションは、 Visual Studio 内の 64 ビットプラットフォームのためにビルドされる必要があります。MapForce サーバーの実行可能ファイルへのパスは、コード内で調整される必要があります。

 

namespace MapForceServerAPI_sample
{
  class Program
  {
      static void Main(string[] args)
      {
          //Create a MapForce Server object
          Altova.MapForceServer.Server objMFS = new Altova.MapForceServer.Server();
 
          //Set a working directory - used as a base for relative paths
          objMFS.WorkingDirectory = "C:\\Program Files (x86)\\Altova\\MapForceServer2019\\etc\\Examples";
 
          //Default path to the MapForce Server executable is the installation path (same dir with the MapForceServer.dll)
          //In case you moved the binaries on the disk, you need to explicitly set the path to the .exe file
          //objMFS.ServerPath = "C:\\Program Files (x86)\\Altova\\MapForceServer2019\\bin\\MapForceServer.exe";
 
          //Set global resource file and configuration, if your mapping uses global resources
          //objMFS.SetOption( "globalresourcefile", "GlobalResource.xml" ); // "gr" can be used as short name for "globalresourcefile"
          //objMFS.SetOption( "globalresourceconfig", "Default" ); // "gc" can be used as short name for "globalresourceconfig"
 
          //Prepare the parameters, if your mapping uses parameters
          //objMFS.AddParameter( "testparam1", "value 1" );
 
          //Run the mapping; input and output paths are stored inside the MFX file
          // NOTE Please adapt the path to the input file in order to run the sample
          if (objMFS.Run("C:\\Program Files (x86)\\Altova\\MapForceServer2019\\etc\\Examples\\TokenizeString.mfx"))
              System.Console.WriteLine("Success - finished execution");
          else
              System.Console.WriteLine(objMFS.LastExecutionMessage);
      }
  }
}


(C) 2019 Altova GmbH