このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce Server 2020 

マッピングを実行する前のオプションを設定します。最初の引数は、オプションの名前を指定し、2番目の引数はオプションの値を指定します。このメソッドはマッピングがグローバルリソースを消費するためにデザインされている場合とても役に立ちます (Altova グローバルリソースを参照してください)。現在サポートされているオプションは以下の通りです:

 

globalresourcefile (or gr) - グローバルリソースファイルパス(このオプションが指定されている場合、グローバルリソース構成名も指定されている必要があります。次のアイテムを参照してください)。

globalresourcefile (or gr) - グローバルリソース構成名(このオプションが指定されている場合、グローバルリソースファイルパスも指定されている必要があります。次のアイテムを参照してください)。

catalog - カスタム RootCatalog.xml ファイルへのパスこのオプションによりマッピングにより使用された URL を解決するために使用されたカスタムカタログファイルを指定します。デフォルトのカタログはプログラムインストールディレクトリのサブディレクトリ内にあります。

taxonomy-package - マッピングにより必要とされている場合、カスタム XBRL タクソノミパッケージへのパスです。

taxonomy-package - マッピングにより必要とされている場合、カスタム XBRL タクソノミパッケージ構成へのパスです。

 

設定されたすべてのオプションはオブジェクトのライフタイムの期間有効です。同じ名前でオプションを2回設定すると、前のオプションは上書きされます。明示的にすべてのオプションをクリアするために clearOptions() メソッドを呼び出します。

 

署名

setOption(arg0:String, arg1:String) -> void

 

パラメーター

名前

説明

arg0

String

設定するオプション名を指定します。

arg1

String

設定するオプションの値を指定します。

(C) 2019 Altova GmbH